Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Big Fish Theory

f:id:akira1987sasaki:20180422020540j:plain

Vince Staplesが2017年にReleaseした2nd Album。NMEやPitchforkなどが高評価を点けた。

 

Vince StaplesはLong Beach, California出身のRapperで2010年に活動をStart。LabelはDef Jam・ManagementはBlacksmithというHip Hop界のEliteである。一方で音楽性はProgressiveな雰囲気が強く、Trendに全く媚びようとはしない。本当に最近のWest Coastは粒揃いである。

 

AlbumはNo I.D.から離れ、Corey "Blacksmith" SmythによるProduceを選択。今まで聴いたことのないようなHip Hopが並ぶ。

 OpeningはKilo KishがAdditional Vocalで参加した「Crabs in a Bucket」。ちなみにKilo Kishは計4曲参加している。Hip HopよりElectronicに傾倒したTrack。

続くはSingle Cutの「Big Fish」。Avant-gardeなG-funkで、彼がWest CoastのRapperだと思い出させてくれる。Heavyに仕上がっているのも嬉しいとこだろう。

Damon AlbarnとRay Jなど異色のCollaborationとなったのは「Love Can Be...」。正にElectronic Hip Hopの完成形。何が飛び出すかわからないのも好奇心を誘う。

 「745」はElectronic meets Trap。Trendにのった感じは全くないが…。

Kendrick LamarとCrazyなRap協奏する「Yeah Right」は、作品最もAvant-gardeなTrack。PopやTrendなど完全無視。

ひたすらRefrainする「Homage」や、ASAP Rockyを迎えた「Samo」なども良質。

HighlightはSingle Cutの「BagBak」。Hip Houseの最高峰と言っても過言ではない出来栄えで、ListenerはBounce必須。

 EndingはTy Dolla Signを贅沢に起用した「Rain Come Down」。今作の中では正攻法なHip Hop。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Big Fish Theory

Big Fish Theory

  • Vince Staples
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1700

 

 Track listing 

 

1. Crabs in a Bucket

 

2. Big Fish 

 

3. Alyssa Interlude

 

4. Love Can Be...

 

5. 745

 

6. Ramona Park Is Yankee Stadium

 

7. Yeah Right

 

8. Homage

 

9. Samo

 

10. Party People

 

11. Bagbak

 

12. Rain Come Down

 

 

 

 「Prima Donna」

 

 2016年ReleaseのEP「Prima Donna」に収録。このEPの出来には満足したらしく、AlbumとGuestが被っている。正に覚醒前夜。