Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The Fat of the Land

f:id:akira1987sasaki:20180221235727j:plain
The Prodigyが1997年にReleaseした3rd Album。主要Chartで軒並み1位を記録し、1000万枚以上をSales。Dance Musicの中では最も売れた作品に認定されている。
 
The Prodigyは1990年から活動を続けるUKのGroup。MemberはLiam Howlett・Keith Flint・Maximの3人で構成。今でこそDaft PunkやCalvin Harrisの方が知名度はあるかもしれないが、1990'sのThe ProdigyはDance Musicの頂点を極めた存在だったと言っても過言ではない。数々のClub Anthemを世に残した。
音楽性は初期のRaveから派生し、Big Beat・Electronica・Techno・Drum and bassなど多岐にわたる。HIPHOPやClassicalなどの影響をMixするのも、彼らの強みの1つと言えるだろう。Dance Musicを聴くなら、避けて通れないGroupだ。
 
Albumは各音楽誌から称賛され、Mercury PrizeにもNominate。Artworkの蟹も目を引くことだろう。
OpeningはClub Anthemとなった「Smack My Bitch Up」。Single Cutされ、UKで8位を記録。UpperなBeatとEthnicなVocalが印象的なTrack。
HighlightはこちらもClub Anthemの「Breathe」。UK Chartでも1位の名誉を得た。Edgeの効いたTrackで、切り裂くような効果音がさらに助長する。「Smack My Bitch Up」と同様に、彼ら独特の邪悪さを持ち合わせているのがGreat。
Diesel Power」はKool Keithを迎えてHIPHOPにTry。Black Musicとは旗色の違うDopeさが魅力。
心拍数を上昇させるような高速Breakbeatsの「Funky Shit 」は、前作までのThe Prodigyに近いTrack。
まるでFight Clubの世界観な「Serial Thrilla」では、挑発的なVocalを披露。
「Mindfields」は何処までも電子的なSoundの洪水。Riffも印象的。
「Narayan」は、Crispian MillsがWriterとGuest Vocalで大活躍。Kula ShakerThe Prodigyの良さがぶつかり合い、怪奇的なSoundが誕生した。
LastのClub Anthem「Firestarter」は、作中最もClub向けのTrack。突き上げるようなSoundがたまらない。UKで1位を記録。
EndingはCoverの「Fuel My Fire」。PunkなVocalと高速Breakbeatsで、最後まで翻弄してくれる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
The Fat of the Land

The Fat of the Land

 

Track listing

 

1. Smack My Bitch Up

 

2. Breathe

 

3. Diesel Power  featuring Kool Keith

 

4. Funky Shit

 

5. Serial Thrilla

 

6. Mindfields

 

7. Narayan  featuring Crispian Mills

 

8. Firestarter

 

9. Climbatize

 

10. Fuel My Fire  featuring Saffron

 

 

 

「Girls」

 

2004年Releaseの「Always Outnumbered, Never Outgunned」からのSingle。MCの2人が参加してない為、もの足りないAlbumになってしまった感は否めない。Track自体はElectroに接近したTrack。