Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

I Never Loved A Man The Way I Love You

 Aretha FranklinAtlantic Records移籍後初にして出世作となったのがこのAlbumだ。1967年にReleaseされている。
ArethaはMemphis出身で、幼い頃からGospelを親しむという恵まれた環境で育った。1961年にDebut してから現在に至るまで活動しているSoul Legendだ。Grammyを20回も受賞し、Rolling Stoneの偉大なSingerにおいて1位。さらには、
大統領自由勲章を2005年に受章し、大統領Obamaの就任式で歌を披露するなど、Queen Of Soulの名に恥じないSingerだ。

さてAlbumについてだが、これぞSoulというTrackに終始しているのが本当に素晴らしい。正にSoulの大名盤に違いないだろう。
始まりからOtisの「Respect」、全米1位を獲得した記念すべきSingleでもある。
Drown in My Own Tears」はRayの方が有名だが、負けない程Soulfulに歌いあげている。「Don't Let Me Lose This Dream」や「Save Me」などの軽快なTrackも秀逸だ。
Sam CookeのCoverが2曲あるが、「Good Times」は臨場感あふれる歌い方で最高だ。私は本家よりArethaの「Good Times」の方が好きである。
Coverが多いという考えもあるが、そこはAretha Franklin役者が違う。彼女は様々なTrackをCoverしているが、彼女が歌うとそれはもうArethaのTrackなのである。どんなTrackもSoul に聴こえてくるという不思議な力を持ったSingerだ。

Highlight は「Baby, Baby, Baby」。人によって違うと思うが、私の中では確実にこれ。こんな洗練されたBalladeに出会えることはそうないだろう。





 





Track listing

1.Respect

2.Drown in My Own Tears

3.I Never Loved a Man (The Way I Love You)

4.Soul Serenade

5.Don't Let Me Lose This Dream

6.Baby, Baby, Baby

7.Dr. Feelgood (Love Is a Serious Business)

8.Good Times

9.Do Right Woman, Do Right Man

10.Save Me

11.A Change Is Gonna Come



 

I NEVER LOVED A MAN

I NEVER LOVED A MAN

 

 



Maino 「All The Above」

今日はMainoの「All The Above」がNo.1。MainoはNew YorkのBrooklyn出身のRapperだ。2009年にDebut し2nd Singleがこれにあたる。当時客演王だったT-PainをFeaturing Guestに迎え、Just BlazeのProduceという間違いないTrackだ。