Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Somethin' Else

 
 


Cannonball Adderleyが1958年に名門Blue Note RecordsからRelease したAlbumで、JazzというGenreを聴くなら避けては通れない名盤だ。
Cannnonball はFlorida 出身のAlto saxophone奏者で、残念ながら1975年48歳という若さで亡くなっている。素晴らしい実力を持ってたが他のJazz Playerに比べるとそこまで注目されることが少ない気がする。その原因としては良くも悪くもMiles Davisが絡んでるように思える。

このAlbum のMemberは以下の通り。

Cannonball Adderley     Alto saxophone
Miles Davis      Trumpet
H
ank Jones                      Piano
Sam Jones                       Bass
Art Blakey                         Drums                 


Cannonball名義だが、
実質のLeaderはMilesと言われる作品である。
Love for Sale」はIntroductionのHank JonesのPianoは美しく、Art BlakeyのDrunsの入りで一気に飲み込まれる。
「Somethin' Else」についてはMiles作だけあってMilesに譲るがCannonballとの掛け合いは熱くAlbumの中で1番盛り上がるとこだろう。
Dancing in the Dark」はMilesが参加していないが、Cannonball
Alto saxophoneは鳥肌が立つLevelでSpecial nightを演出してくれる。

名曲揃いだがHighlight は「Autumn Leaves」で間違いない。天才Milesが堪能出来るTrackで、
Jazz Standard にした功績はあまりにも有名。Hank JonesのPianoは絶妙のTimingで流れ、非常に印象的だ。私はSomethin' Elseの枯葉がちなみに1番素晴らしと思っている。悲しげな秋の夜長にぴったりはまるだろう。


 





Track listing

1.Autumn Leaves

2.Love for Sale

3.Somethin' Else

4.One for Daddy-O

5.Dancing in the Dark



 

 

Somethin' Else

Somethin' Else

 

 




Today's No.1 Song

Tekla Bądarzewska-Baranowskaの「A Maiden's Prayer」。日本語だと「乙女の祈り」でMost famousな1曲だ。Pianoの音色がどこまでも美しい。