Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Neon FutureⅠ

 Steve Aoki の今年Releaseされた2ndで、来年同TitleのNeon Future ⅡもRelease予定だ。
Steve Aoki はCalifornia育ちのDJ。父親はBENIHANA創業者のロッキー青木で、妹はModelのDevon AokiというセレブなFamilyを持つ。EDMの重要人物であり、この先背負っていく立場にいることは間違いない。また、Dim Mark Records の創始者である。
どうでもいいが5月にLax Airportで彼を見かけたことがある。恐らく、Open したばかりのLas VegasのHakkasanでのEventの為だろう。私がStayしてた時はAfrojackだったので、彼のPlayを体感できなくて残念だった。

今回のAlbumはよりHeavy+Darkな印象を持たせるSoundが特徴的だ。IntroとOutroを入れてAlbum全体にもまとまりが感じられるが、少し似たり寄ったりのTrackで終始しているのが残念だ。
Guest は前作とまったく違うが豪華なMemberが揃っている。
「Born to Get Wild」では
will.i.amを、「Rage the Night Away」ではWaka Flocka FlameをFeaturingに抜擢し相性のいいSoundを提供している。
「Free the Madness」では
Machine Gun Kellyを迎えているが、Acid感満載の完全にイカレタSoundが最高に効いていてClubで流れたらTrip確実。

Highlight は「Back to Earth」。Fall Out BoyがFeaturingだが、正直驚いた。もっとPOPなTrackになると予想したが、実際Sound はHardでROCK色の強い感じに出来上がっている。元々私はGenre lessでCrossoverが音楽業界全体の底上げと未来になって欲しいと思っていたので、この完成度には喜びを隠せない。EDM+ROCKの1つの模範例になるだろう。







 
Track listing

1.Transcendence (Intro)  featuring Ray Kurzweil

2.Neon Future  featuring Luke Steele

3.Back to Earth  featuring Fall Out Boy

4.Born to Get Wild  featuring will.i.am

5.Rage the Night Away  featuring Waka Flocka Flame

6.Delirious (Boneless)  with Chris Lake & Tujamo featuring Kid Ink

7.Free the Madness  featuring Machine Gun Kelly

8.Afroki  featuring Bonnie McKee

9.Get Me Outta Here  featuring Flux Pavilion

10.Beyond Boundaries (outro)  featuring Aubrey de Grey




 

Neon Future I

Neon Future I

 

 





Today's No.1 Song

今日はThirty Seconds to Marsの「Do or Die」で、もちろんAfrojackのRemix Version。Thirty Seconds to MarsはL.A.出身のBandでAfrojackはNetherlands出身のDJ。感動的なTrackに仕上がっている。