Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Blur

 Blurの5枚目のAlbumで、当然のごとくUK Chart 1位を獲得した作品だ。

BlurはUKの国民的Bandで、90's以降最もUKのImageに近いSoundを提供していたと言っても過言ではないだろう。
Memberは4人組でGorillazでもお馴染みのVocal担当Damon Albarn、特にUKのArtist からPlayを賞賛されるGuitarのGraham Coxon、BassのAlex James はCheese Makerとしても有名、DrumsのDave Rowntreeは弁護士資格を保持しているという具合で多才な人物が揃っている。
まぁ何と言っても彼らについて語るにはBritpopという言葉がついてまわるが、個人的にはBritpop = Blurだと感じている。彼らはこのGenreの立役者であり、Demonの「Britpop is dead」の発言により終止符を打った。1つのGenreを終わらせる影響力は凄いものがあるだろう。

さてこのAlbum はDemonの問題発言後のReleaseとなった為、当時Damonが傾倒していたUS Alternative Rockを上手く消化したSoundが展開されている。とは言っても、RootsとしてのUKはしっかり残っていて、BritpopからBritrockになった印象だ。
Start は彼らの代名詞と言ってもいい「Beetlebum」でSound はUKとUSの美味しいとこどりな感じでLyricはDrugについて、UK Single Chart 1位に到達した。
On Your Own 」は5位、「M.O.R.」は15位のHitとなっている。
「Death of a Party」は次作への布石のようなTrackだ。
Endの「Essex Dogs」はDubstepの手法だが、90'sにDubstepとはDamon Albarnの頭の切れ具合は異常だろう。
しかし、今回の立役者はGraham Coxonで間違いない。「Country Sad Ballad Man」と「Look Inside America」のAcoustic Guitarは秀逸で、特に「You're So Great」は彼自身が作成しVocal まで担当している。

Highlight は「Song 2」。Twin DrumsからStart しChorusの爆発力が印象的なTrackで、UK Chart 2位を獲得した。個人的にはBlurの中で1番好きなTrackで、一筋縄ではいかない彼らの音楽性を表現している。



 

 

 





 

Track listing

1.Beetlebum

2.Song 2

3.Country Sad Ballad Man

4.M.O.R.

5.On Your Own

6.Theme from Retro

7.You're So Great

8.Death of a Party

9.Chinese Bombs

10.I'm Just a Killer for Your Love

11.Look Inside America

12.Strange News from Another Star

13.Movin' On

14.Essex Dogs



 

Blur

Blur

 

 



Blur Song

今日は「You're So Great」。内容は前述した通りで、GrahamのSongだ。これの良さはやはり聴かないとってことで・・・