Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Planet Pit

Pitbull の6枚目のAlbumで今のところ自身最大のHit になった作品だ。

Pitbull はMiami 出身のRapperで2004年にDebut している。Debut以来毎年のようにAlbumをRelease しているというのが非常に珍しく、内容もTrend を意識して毎回変化する。初期は自身の背景を影響としたReggaetonとLil Jon の影響のCrunkを中心としたTrackが特徴だったが、最近はElectroやEDMなどを積極的に取り入れている。Mr.Worldwideと自負するように、その名声に順調に近づいていると言えるだろう。

このAlbumはElectroをあらゆるGenreが取り入れ始め、EDMがMovement になりつつあるTimingでReleaseされた。内容としてはElectroにかなり重点を置いたHIPHOPとなっていて、Club Bangerで終始している。HighなTrackばかりと思いきや哀愁の漂うTrackも散りばめられているので疲れないのは利点と言えるだろう。
Introから飛ばしていて間髪入れずに「Give Me Everything」に突入する。FeaturingはNe-Yoに AfrojackとNayerでBillboardとUK Chartで1位を獲得している。4人の絡みが非常に絶妙だ。
Marc Anthonyを迎えた「Rain Over Me」ではLatin色が、またSean Paulなどを迎えた「Shake Señora」ではReggae色が上手く出ていて彼のRootsを感じることが出来る。
Hey Baby (Drop It to the Floor)」ではT-PainがGuestでこれぞ最強Club Bangerという出来栄えだ。
意外と出来が良かったのはRedFooなどを迎えた「Took My Love」でこのAlbumの中では割とCool なSoundが印象的だ。
しかしGuestの豪華なこと、他にも
Enrique Iglesias Kelly Rowland Jamie Foxxなどの面々が揃っている。 

Highlight は「International Love」でFeaturing Chris Brown。Electroを取り入れたHIPHOPの中では非常にLevelの高い出来で隙のない印象だ。











Track listing
 
1.Mr. Worldwide (Intro)  featuring Vein

2.Give Me Everything  featuring Ne-Yo, Afrojack & Nayer

3.Rain Over Me  featuring Marc Anthony

4.Hey Baby (Drop It to the Floor)  featuring T-Pain

5.Pause

6.Come n Go  featuring Enrique Iglesias

7.Shake Señora  featuring T-Pain & Sean Paul

8.International Love  featuring Chris Brown

9.Castle Made of Sand  featuring Kelly Rowland & Jamie Drastik

10.Took My Love  featuring Redfoo, Vein & David Rush

11.Where Do We Go  featuring Jamie Foxx

12.Something for the DJs



 

 

プラネット・ピット

プラネット・ピット

 

 



Pitbull Song

今日はPitbull 続きで「Give Me Everything」。AfrojackのオシャレなSound に他の3人の絡みが絶妙すぎる。国内、国外問わずClubでは本当によく使用されていた。