Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Contra

 Vampire Weekendの傑作2ndでBillboard 1位を記録した作品だ。各音楽誌から絶賛されたAlbumである。

Vampire Weekend はNew York 出身の4人組Bandで
Columbia University在学中の2006年に結成。現時点で3枚のAlbumをReleaseしていて、Debut後から順調にCareerを築いている。
AfropopをBaseに多様な楽器を使用したSound が魅力的で、Senseの塊のようなBandだ。名門大学卒業ということもあり、非常にIQの高いBandということが作品から伺える。確実に2010'sを代表するBand になるだろう。

今作は前作より力がいい意味で抜けていて、ゆるい雰囲気のTrackが並んでいる。Resort に持って行きたくなるようなSummerの匂いがするのも魅力的だ。
Startの「
Horchata」は非常に落ち着いた感じのTrackで、この作品の幕開けに相応しい仕上がりだ。
White Sky」はTitle 通り爽やかな雰囲気が漂っていて、個人的にはかなりお気に入り。
Holiday」や「California English」では少しuptempo になって前作でも見られたようなTrackが続く。
また、Chorus の部分をSoundだけにした「Taxi Cab」と「Run」はAlbumの中間部分に相応しく絶妙なBalanceだ。
Giving Up the Gun」では彼らの特徴とも言える多様なSoundが絶妙なTimingで鳴っていてTrackに色を付けている。
Afropopの影響が色濃く出た「Diplomat's Son」のRhythm は秀逸で長さを感じさせない。
そして、幕閉めに相応しい「I Think Ur a Contra」で静かに終わっていく。

改めて聴くと前作より全体的にまとまっていて、極限までSimpleにしているのに一筋縄ではいかないTrackが全曲という確信犯的な頭の良さが滲み出たAlbumに仕上がっている。

Highlight は「Cousins」。AfropopとSkaが高水準でBlend されていて脳に直接来るようなSoundだ。2010'を代表すると共にBand にとっても代表曲となるだろう。PVも絶品だ。





Track listing

1.Horchata

2.White Sky

3.Holiday

4.California English

5.Taxi Cab

6.Run

7.Cousins

8.Giving Up the Gun

9.Diplomat's Son

10.I Think Ur a Contra





 

Contra (Ocrd)

Contra (Ocrd)

 

 



Twenty One Pilots 「Guns for Hands」

今日はTwenty One Pilotsの「Guns for Hands」。3rd albumからのCutでJapanではCMで使用されたのが記憶に新しい。涙腺を揺さぶるようなSoundが本当に素晴らしい。