Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Discovery

 Daft Punkの2ndで2001年にReleaseされている。前作以上にWorldwideで人気を得た作品となった。

Daft PunkはThomas BangalterとGuy-Manuel de Homem-Christoの2人からなるDuoでFranceのParis出身だ。名前の由来は前身BandのDarlin'がMelody Maker 誌に酷評されたReviewから引用している。素顔を隠すのにRobotのようなFullface Maskを着用しているが、これは機材の爆発によりCyborgになってしまったという設定がある為。このUniqueな設定と、確かな音楽性でここ数年では最も成功したFranceのArtistの1組に挙げられるだろう。

さてAlbum自体は前作より聴きやすくなり、幅広いListenerに受け入れられる作品に仕上がっている。Up・Middle・Slow なTempo のTrackがBalanceよく配置されていて、InstrumentalとVocal Musicが上手く繋がって進んでいく印象だ。
Opening にしてHighlightと言っていいだろう「One More Time」。Endの「Too Long」同様RomanthonyをVocal に迎えたNeo Disco的なSoundが特徴だ。DriveでもClubでもCMでも、要するに何処で聴いても一発でもってかれるだろう。
「Aerodynamic」は鐘の音から始まりその後も要所要所で使用され、途中から入るGuitarは脳に直で来る。
80's Sound全開な「Digital Love」はQualityが高くAlbumの中でも非常に人気なTrack。
そしてもう1つのHighlightと言える「Harder, Better, Faster, Stronger」。もはやこんなやりすぎなTrackはあまりお目にかかれない。KanyeがSamplingに使用し、Grammyも受賞した。
「Crescendolls」から「High Life」まではHighなTrackが並ぶが、途中に「Nightvision」のような静かなTrackが入ってるのが面白い。
「Something About Us」のような切なさ漂う落ち着いたTrackもあるし、「Face to Face」ではTodd EdwardsのVocalがTrackを引き立てている。この2つのTrackは今作で重要な役割を担っているように個人的には感じた。

まとめるとよくここまでPop に仕上げたなという印象だ。90's のDance Music ほどのStoicさは無くいい意味で力が抜けている。この作品以降PopなDance MusicがTrend になった気がしなくもない。Animationを使用したPVも要Checkだ。本当商売上手。


 

 

 




Track listing

1.One More Time  featuring Romanthony

2.Aerodynamic

3.Digital Love

4.Harder, Better, Faster, Stronger

5.Crescendolls

6.Nightvision

7.Superheroes

8.High Life

9.Something About Us

10.Voyager

11.Veridis Quo

12.Short Circuit

13.Face to Face  featuring Todd Edwards

14.Too Long  featuring Romanthony




 

Discovery

Discovery

 

 




Daft Song


前述した「Harder, Better, Faster, Stronger」。VocalとSoundのFusionを体感して欲しい。