Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Franz Ferdinand

 

 Franz Ferdinand の2004年ReleaseのDebut Album にして代表作だ。Brit AwardsやMercury PrizeなどUKの各賞を新人にして総なめした。

Franz Ferdinand はScotland のGlasgow出身の4人組Band。4人の出会いは大学の頃で、下積みが長かったのも手伝いDebut前から各音楽誌に大型新人として取り上げられ、鮮烈なDebutを飾った。それからは現在に至るまでConstant にAlbumをRelease している。
Debutから音楽性の大きな路線変更がないBandで、その理由としては独自のSoundが最初から完成していたからだろう。彼らのSoundを一言で表すならRetrospectiveがピッタリだ。70's+80'sからの影響が伺えるSoundを、女の子が踊れる音楽をという理想の元にDance Floorで機能する次元まで見事に持っていっている。

さてAlbumは前述した通りのSoundが特徴だが、第1印象としてはやはり踊れるROCKの代表だなと感じる。
「Jacqueline」は静かにStartするが、すぐに今後何度も見られるUK独自のGuitar Riff が主張されたTrackに変化する。
妖しげなSoundでこの作品の中では軽いTouch の「Tell Her Tonight」は魅力的だ。
「The Dark of the Matinée」はChorusのRap 調の歌い方が非常に面白い。UK Chartで8位まで上り詰めた。
「Auf Achse」は唯一悲しげなMelodyが特徴だが、一転「Cheating on You」では疾走感溢れるHighなTrackに仕上がっている。
「Darts of Pleasure」はFirst Cutでこれで名前が知られたと言えるだろう。
後半のHighlightと言える「Michael」は最高のGrooveを生み出していて、Levelの高いTrackだ。
「40」はMiddle TuneでChorusのRiff はDanceに最適。

全体的に特徴があるTrackが並んでるにもかかわらず、よくまとまっている。この作品でFranzは2000'sを代表するBand になったのは間違いない。
Highlight は「Take Me Out」でUKで3位を記録した。このBandを象徴するTrackで彼らの人気に火を点けたと言える。SpeedyでRetrospectiveな雰囲気から、Dance Floor向けのGuitar Riffが見事なTrackに転調する。









Track listing
 
1.Jacqueline

2.Tell Her Tonight

3.Take Me Out

4.The Dark of the Matinée

5.Auf Achse

6.Cheating on You

7.This Fire

8.Darts of Pleasure

9.Michael

10.Come on Home

11.40



 

Franz Ferdinand

Franz Ferdinand

 

 



Today's No.1 Song

The Killersの「Mr. Brightside」。US+UK両Chartで10位を記録した。KillersはVegas出身の4人組BandでUKで非常に人気のBand だ。壮大なSound が魅力的な彼らの代表曲だ。PVの作りも秀逸だ。