Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Nightlife


Pet Shop Boys の7枚目のAlbumで1999年にReleaseされている。

Pet Shop Boys はUKのDuoで1981年から現在まで活動している。Vocal担当Neil TennantとKeyboard 担当Chris Lowe という構成だ。楽器屋で同じKeybordを手にした時に運命を感じたというのが2人の出会いになる。彼らの音楽性は評価が高く、ElectroとPopsの垣根を壊しFieldを広げ続けたのは功績と言えるだろう。個々のSingleもLevelが高く、どれもMainstreamに通用するQualityだ。

さて今回のAlbumはTitle通り夜をImageさせるSoundが魅力的な作品に仕上がっている。どのSituationでも活躍してくれそうなTrackが並んでいるのが見事だ。
「Closer to Heaven」はClub寄りのTrackで女性VocalをChorus起用している。一方「Happiness Is an Option」でも女性Vocalを起用しているが、こちらは哀愁のあるMelodyが特徴だ。
Single Cutもされた「You Only Tell Me You Love Me When You're Drunk」はLyricが非常にRealでPSBらしい落ち着いた仕上がりだ。
「Vampires」は作品中最も哀愁たっぷりのTrackで、「Radiophonic」はChorusでの盛り上がりが必聴だ。
「In Denial」ではKylie MinogueをGuestに迎えて幻想的なNumberを披露。
「New York City Boy」はCutされたが、Chartでは14位止まりだった。しかしこのTrackは彼等の代表曲と言っていいほどの人気を今では得ている。口ずさみやすいLyricと幅広いListenerから受け入れられるだろうSoundが要因だろう。後半のHighlightで間違いない。


だがHighlightは「I
 Don't Know What You Want But I Can't Give It Any More」。こちらもCutされていてUKで15位。「New York City Boy」同様David MoralesのProduceがGood。迫り来るようなThrillingなSoundとNeilのCoolなVocalがLondonの夜に妙にMatchする。





 

 

     



 

Track listing

1.For Your Own Good

2.Closer to Heaven

3.I Don't Know What You Want But I Can't Give It Any More

4.Happiness Is an Option

5.You Only Tell Me You Love Me When You're Drunk

6.Vampires

7.Radiophonic

8.The Only One

9.Boy Strange

10.In Denial  duet with Kylie Minogue

11.New York City Boy

12.Footsteps



 

 

Nightlife

Nightlife

 

 


PSB Song

本日はPSBの「Where the Streets Have No Name (I Can't Take My Eyes off You)」。1991年ReleaseでUKで4位を獲得。U2の「Where the Streets Have No Name 」とFrankie Valliの「I Can't Take My Eyes off You」をMedleyのように構成している。これによってU2との関係が一時悪化したのは有名な話だ。まぁしかしよくこんなTrack作ったな。