Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Check Your Head

 Beastie Boys の3rdで1992年にRelease。90'sの彼らの方向性を決定付けた1枚で、時が経つにつれ評価も高まってきた作品だ。

 Beastie Boys はNew York出身のHip Hop Band。Member はDrums 担当 Mike D、Guitar 担当Ad-Rock、Base 担当 MCAといった編成で、当然MCは全員で行う。1981年にBeastieを名乗る前はThe Young and the Uselessという名前のHardcore Punk Bandとして活動、2012年にMCAが癌で亡くなった為活動を終了している。
MCAの死には数々の追悼の意が捧げられた。GenrelessでArtist は意を表し、NYMの試合では当日BeastieのTrackで統一するなどNY全体で彼の冥福を祈ったのは記憶に新しい。
そんな彼らの音楽性はそのもの自体が功績に値するだろう。WhiteがHIPHOPというのだけでも当時は新しいのに、HIPHOPの既成概念を破壊し可能性を提示し続けた。一見PVなどでも頭悪そうに映るが、実際はかなりの切れ者集団でもはや相当の音楽オタクと言っていいだろう。個人的には間違いなくHIPHOPの中でも10本の指に入るArtistで、Respectが止まない。
MCAには心からご冥福をお祈りする。

OpeningからSingle Cutの「Jimmy James」でStart。Jimi HendrixのTrackをSamplingで使用し、Scratchを多用したFunkyな仕上がりだ。
「Pass the Mic」では彼等の敬愛するBandであるBad BrainsやEPMDをSamplingに起用し、こちらもCutされている。
Rapcoreと呼べるような「Gratitude」はHIPHOPとHardcoreの彼らならではのBlendを提示した。
TitleのLyricがやたらと耳に残る「Finger Lickin' Good」は絶妙なGrooveを生み出していてHighなTrack。また「The Biz vs. The Nuge 」ではBiz Markieが初参加しているが33秒しかないというのが面白い。
「Time for Livin'」はSly & the Family StoneのHardcore CoverでVery Hot。このQualityならHardcore Bandでも成功したんじゃないのと言えるLevelだ。
Instrumentalの「Pow」では彼らのHotなPlayが聴け、特にDrumsがGood。「Live at P.J.'s」はTitle通りLive音源を使用するという手の入れよう。
合間合間に入る「Lighten Up」や「In 3 's」などのInstrumental Trackも冴え渡っている。

Highlightは「So What'cha Want」でSingle Cutもされている。作中最も純正なHiphop Trackだ。Sampling SourceはBig Daddy Kaneで破壊力抜群の彼らの代表曲に値する。



 

 

 

 





Track listing

 

1.Jimmy James

2.Funky Boss

3.Pass the Mic

4.Gratitude

5.Lighten Up

6.Finger Lickin' Good

7.So What'cha Want

8.The Biz vs. The Nuge

9.Time for Livin'

10.Something's Got to Give

11.The Blue Nun

12.Stand Together

13.POW

14.The Maestro

15.Groove Holmes

16.Live at P.J.'s

17.Mark on the Bus

18.Professor Booty

19.In 3's

20.Namasté



 

 

 

Check Your Head

Check Your Head

 

 



Showbiz and A.G. 「Party Groove (Bass Mix)」

日はShowbiz and A.G.の「Party Groove (Bass Mix)」。彼らのDebut EP「Soul Clap」にとDebut Album「Runaway Slave」収録されている。