Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Surrender

 Chemical Brothersの1999年にReleaseされた3rd AlbumでUKで1位を獲得している。彼らのAlbumの中では最も売れた作品だ。

Chemical BrothersはUKのDuoで1991年に活動をStartしている。Tom RowlandsとEd Simonsの2人から生り初期はThe Dust Brothersという名義で活動していた。2人の出会いはUniversity of Manchesterにて。
彼らのことを語る上で欠かせないのはやはりBig Beatについてだろう。なぜなら彼らが生みの親だからだ。ちなみに定義したのはFatboy Slimで有名なNorman Cook。Big BeatとはTechnoとRockのFusionのようなもので、Breakbeatが特徴と言えよう。また彼らは数多くのRock ArtistとCollaborationしていて、RockとClub MusicのBorderlineを無くしたことには頭が下がる思いだ。Club Music Sceneで活躍するArtistがRockのFamousなArtistを次々とGuestに迎えるというのは過去には類を見ない行いだったはずだ。

さてAlbumについてだが前作よりBig Beat色は弱まりPsychedelic感の強いElectronicaに傾倒したImageだ。Albumとしてよく作りこまれていて彼ららしいTrackが並んでいる。
「Music: Response」からNew OrderのBernard SumnerをGuestに迎えた「Out of Control」までの流れは適度なSpeedで進んでいき最高としか言いようがない。まるでSF Movieのような世界観があり、個人的にはBlade Runnerの映像が頭に浮かんだ。
特に「Out of Control」はPrimalのBobby GillespieもVocalで参加していて、2人の気怠いVocalとは逆にSoundが徐々に荒れ狂っていく様が面白い。Single Cutされていて、Highlightと言えよう。
「Orange Wedge」では曲調が変わりうねるようなSoundを展開、そして次は「Let Forever Be」という流れだ。前作でも絡んだNoel Gallagherを再び迎えUKで9位を獲得。彼らの真骨頂と言える仕上がり。
Band NameからTitleを拝借した「The Sunshine Underground」とHope Sandovalを迎えた「Asleep from Day」は非常に幻想的なTrackだ。「Asleep from Day」はBrian EnoのTrackをSamplingしている。
「Got Glint?」や「Surrender」のようなGuestを迎えてないTrackもよく出来ていて、CatchyなMelodyが個人的にはかなりお気に入り。
「Got Glint?」から素晴らしい繋ぎで入る「Hey Boy Hey Girl」は後半のHighlightと言っていいだろう。Trip感強くBeatが何と言っても最高なTrackで、UKで3位を記録。
Lastを飾る「Dream On」はFeaturingがMercury RevのJonathan Donahue。しかし豪華な顔ぶれだ。Title通り夢心地なTrackで、彼らの作品によく見られる落ち着いたTrackでの終了となる。


 








Track listing
 
1.Music: Response

2.Under the Influence

3.Out of Control  featuring Bernard Sumner

4.Orange Wedge

5.Let Forever Be  featuring Noel Gallagher

6.The Sunshine Underground

7.Asleep from Day  featuring Hope Sandoval

8.Got Glint?

9.Hey Boy Hey Girl

10.Surrender

11.Dream On  featuring Jonathan Donahue


 

 

 

 

Surrender

Surrender

 

 




本日はChemical Brothersの「Let Forever Be」。TrackもさることながらMichel Gondry制作のPVも高評価だ。