Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Rage Against the Machine

 Rage Against the MachineのBand Nameを冠した1992年ReleaseのDebut Album。音楽各誌からの賞賛は当然ながら、90's Rockの金字塔とまで評された名盤だ。
Rage Against the MachineはL.A.出身の4人組のBand。1991年に活動をStartし2000年に解散、その後2007年から2011年の間一時復活を遂げTourを行った。
彼らの音楽性はLed ZeppelinPublic Enemyの融合としばしば表現される。Zack de la Rochaの過激な政治批判が吐かれるRap、Tom Morelloの独創的なGuitar、Tim CommerfordとBrad Wilkが生み出すHeavyなGroove、これら全てが高水準でFusionすることにより唯一無二の音楽が生まれる。
また一貫して自分達のStyleを保ち続けたBandでMotivationになったのはやはり怒りだろう。彼らのLyric Sound Action全てからそれを感じとれる。
個人的には余裕でBest 10に入るBandで、RATMの存在は伝説と言っても過言ではない。なぜなら理不尽なことが多い世の中に慣れてしまい、麻痺している人間に音楽を通して真実を叩きつけたからだ。もはやThe Music of Terrorismと言っていいだろう。

さて内容はと言うとDebut AlbumにしてBandの音楽性は確立されていて、Rap MetalというGenreの中では最高峰の出来だ。もはやRockの歴史上避けては通れない作品に仕上がっている。1963年当時のVietnam政権への抗議で焼身自殺をしたThích Quảng ĐứcのArtworkからも彼らの覚悟が伺えるだろう。
Opening Trackは「Bombtrack」でSingle cutされている。Artworkは彼らの敬愛するChe Guevaraを起用。Startから破壊力抜群だ。
「Killing in the Name」はDebut Singleで最もRATMらしいTrack。HeavyなGrooveに後半Tomの変態Guitarが飛び出す。LastはZackが「俺はお前たちの言いなりにはならない」と叫びSoundはさらに怒りを増す。
一転LightなGrooveの「Take the Power back」ではRiffとRapで押し切っていて面白い。Rapが本当に切れ切れだ。
「Settle for Nothing」でも「Take the Power back」同様LightなGrooveだがChrousで一気にHeavyになりZackはShoutしまくり。
「Bullet in the Head」はTomのGuitarを最大限にFeature。こちらもCutされている。
高速Riffが素晴らしい「Know Your Enemy」は非常にHigh Levelな出来で凄まじいTensionで進んでいく。Highlightと言ってもいいぐらいだ。
しかし今作のHighlightは「Wake Up」。So HeavyなGrooveに緊張感のあるRiff+冴え渡るZackのRapをBaseにTomの変態Guitarの後Speedが上がり、LastはZackのShoutで大爆発。Bandのやりたいことが詰まったTrackだ。
「Fistful of Steel」のChrousも相当Heavyだが、このTrackに関してはTomのGuitarに注目して欲しい。彼のGuitarが生み出す様々な効果音が素晴らしい。特にScratch奏法は見事としか言いようがない。
「Township Rebellion」はRapとGuitarの掛け合いが楽しい仕上がりになっている。
Ending Trackの「Freedom」はもうやりたい放題だ。Pop感などは皆無に等しい。結果Lastまで怒りをThemeに攻撃し続けた問題作。














Track listing

1.Bombtrack

2.Killing in the Name

3.Take the Power Back

4.Settle for Nothing

5.Bullet in the Head

6.Know Your Enemy

7.Wake Up

8.Fistful of Steel

9.Township Rebellion

10.Freedom



 

 

Rage Against the Machine

Rage Against the Machine

 

 


RATM Song

本日はRATMの「Know Your Enemy」。実はGuestも豪華で、ToolのMaynard James KeenanをVocalとして迎えている。さらにPercussionでJane's AddictionのStephen Perkinsという布陣。悪いわけがない。