Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Sound Affects

The Jamの1980年Releaseの5枚目のAlbumでUKで2位という結果を残した。NMEでは相変わらずの高評価を得た。

The JamはUKのBandでMemberは今ではUK Rock界の重鎮となったPaul WellerがVocal+Guitar、Bruce FoxtonがBass、Rick BucklerがDrumsという構成だ。活動期間は1977年から1982年という短い期間だがUKで絶大な人気を誇った。
彼らの音楽性はMod Rivivalと呼ばれるMod Styleを継承しつつ、当時全盛期だったPunkのAtitudeを上手くMixした。また作品によってPsychedelic、New Wave、R&Bに傾倒するなどEnglishmanが作るEnglishmanの為のMusicというのが彼らが受け入れられた最大の理由だろう。
自分たちの成し遂げたことに意味を持たせたいと絶頂期に解散しThe Style Councilを結成。その後もSoloでCareeaを築くなど彼の旅は終わらない。

さてAlbumについてだが、まず注目したいのがArtwork。Trackに関連するPhotographが散りばめられているらしいが非常に謎な作りになっている。SoundではPsychedelicに傾倒するなど実験的要素の強い作品に仕上がった。
Openingの「Pretty Green」とEndの「Scrape Away」は共にBassからStartするというのが面白い。特に「Pretty Green」のBass Lineは癖になる。
「Monday」はSimpleで儚いSoundが印象的で、個人的には非常にお気に入りのTrackだ。「But I'm Different Now」はPUNKのような縦ノリが楽しいHighなTrack。
The Beatlesの「Taxman」との類似が指摘される「Start」はSingle Cutされていて、UK Chart
で1位を獲得。短いGuitar Soloは必聴だ。
「That's Entertainment」はThe Jamの真骨頂と呼べるSoundでこちらもCutされている。彼らのTrackの中でも人気が高く、今作のHighlightで間違いない。
Psychedelicへの傾倒が著名な「Dream Time」や今作中最も実験要素の高い「Music for the Last Couple」は今作ならではのTrack。
哀愁漂う「Man in the Corner Shop」は人気TrackでChorusでは合唱必須だろう。
「Boy About Town」はHorn Sectionを大胆に取り入れていて、次作への布石のように今となっては感じる。

全体的なまとまりは少し欠いているが、傑作と呼べるLevelには到達しているだろう。Psychedelicに傾倒してもThe Jamらしさを失わなかったのが素晴らしい。



 

 

 

 

 
Track listing

1.Pretty Green

2.Monday

3.But I'm Different Now

4.Set the House Ablaze

5.Start!

6.That's Entertainment

7.Dream Time

8.Man in the Corner Shop

9.Music for the Last Couple

10.Boy About Town

11.Scrape Away


 

 

 

SOUND EFFECTS

SOUND EFFECTS

 

 



The Jam 「Going Underground」

本日は同じ1980年だが、今作がReleaseされる前のSingle「Going Underground」。彼らがUKで初めて1位を得た記念すべきSong。PUNK色強い仕上がりだが、何よりSoundに合わせたPaulのVocalが秀逸。