Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Speaking in Tongues

Talking Headsの1983年にReleaseされた5枚目のAlbumでSelf  Produceになったものの、割と評価されている作品だ。

Talking HeadsはNY出身の4人組Bandで1975年から1991年まで活動を続け解散している。2002年にROCKの殿堂入りを果たしているが再結成は音楽性の違いからないとのこと。
MemberはSoloでも後にCareerを積み上げたDavid ByrneがVocal and Guitar。DrumsのChris FrantzとBassのTina Weymouthは夫婦でもありTom Tom ClubというBandも結成している。Keyboard and GuitarはJerry Harrisonが担当。
SalesやChart Actionは決して成功したとは言えないが音楽的評価の高さは揺るぎないBandの1つである。Brian Enoと組んだ3部作はどれも高評価だが80'sに入ってからのAfro Rhythmへの傾倒は彼らの功績に挙げられるだろう。その後もWorldmusicへの接近など音楽的貪欲さは解散まで維持された。

さて今作はBrian Enoから離れたことが要因で、非常にPopな仕上がりを見せた。全体的にSimpleな作りでよくまとまっている。
Billboardで9位まで上り詰めたDigital色の強い「Burning Down the House」と浮遊感のあるMelodyが特徴的な「This Must Be the Place (Naive Melody)」がSingle Cut。
「Making Flippy Floppy」や「Pull Up the Roots」はSoundもVocalも力強い仕上がりだ。
「Swamp」なんかはListenerに奇妙な高揚感をもたらしてくれるだろう。
しかしHighlightは「Girlfriend Is Better」。このTrackは「Slippery People」と同様でLive Album
「Stop Making Sense」からのCutになっている。全体的にFunk色の強い今作だが、このTrackが最も絶妙な仕上がりだ。所々で鳴る効果音もTimingが素晴らしい。Live VersionはBPM早め。

ちなみにこのAlbumはOriginal LPとCDでは数曲Lengthが違うので要注意だ。







 




Track listing

1.Burning Down the House

2.Making Flippy Floppy

3.Girlfriend Is Better

4.Slippery People

5.I Get Wild/Wild Gravity

6.Swamp

7.Moon Rocks

8.Pull Up the Roots

9.This Must Be the Place (Naive Melody)



 

 

Speaking in Tongues

Speaking in Tongues

 

 



Tom Tom Club 「Genius of Love」

本日は前述したTom Tom Clubの「Genius of Love」。1981年にReleaseされている。このSongは後に多くのTrackにSampling Sourceとして使用された。Grandmaster Flash and the Furious Fiveの「It's Nasty」やMariah Careyの「Fantasy」がMost Famousか。