Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Eagles

Eaglesの記念すべきDebut Albumで1972年Release。Debut作にしていきなりHitを記録し、今でも評価される傑作だ。

EaglesはLA出身の4人組Band。活動期間は1971年から1980年で一時解散し、1994年に再結成し現在も活動している。現MemberはGlenn Frey(Guitar and Vocal)、Don Henley(Vocal and Drums)、Joe Walsh(Guitar and Vocal)、Timothy B. Schmit(Bass and Vocal)という編成。Rockの殿堂入りも果たしていて、Total Salesは1億枚を超えるMonster Bandだ。
音楽性は幅広くCountry Rock・Soft Rock・Hard Rockなどを得意とし、古き良き時代のAmericaというImageがピッタリ。
Linda RonstadtのBack Bandとして集まったのがEaglesの起源だが、それとは裏腹にMember全員がLead Vocalをとれるのが魅力の1つに挙げられるだろう。Chorus Workも絶妙だ。

さて今作はCountry色の強いAlbumに仕上がっていて、Artworkの期待を裏切らないだろう。ProducerはGlyn Johnsを迎えている。Debut Albumにして音楽性はほぼ確立されていて、もちろんChorus Workも聴くことが出来る。
現Memberと違いGlenn Frey Don Henley Bernie Leadon Randy Meisnerという編成だ。

まずFreyがLead Vocalを担当しているのは3曲「Peaceful Easy Feeling」と「Take It Easy」のような爽やかなWest Coast Rockがよく似合う。両方Single Cutされていて、「Take It Easy」に関して言えばJackson Browneとの共作というのが有名だろう。彼らの代表曲で今作のHighlight。
次にHenleyは2曲で「Nightingale」と「Witchy Woman」。個人的には「Witchy Woman」のような泥臭いRock色の強いTrackが彼の枯れた声にMatchしているように感じる。「Witchy Woman」はSingle Cutの中で唯一BillboardでTop 10Hitを記録した。
LeadonもHenley同様2曲で「Train Leaves Here This Morning」と「Earlybird」。Country色の強い2曲だがTempoがだいぶ違う。「Train Leaves Here This Morning」はSong WriterにThe ByrdsのGene Clarkが加わっていて個人的にもお気に入りのTrack。
Meisnerは3曲で「Take the Devil」のようなRock Numberも悪くないが、「Most of Us Are Sad」の哀愁たっぷりのCountry Rockがよく似合う。
今作の特徴だが1人でTypeの違うTrackをVocalを担当しているのが面白く実験的でもあるが、Debut Albumでこの完成度はありえないだろう。



 

 


 




Track listing


1.Take It Easy

2.Witchy Woman

3.Chug All Night

4.Most of Us Are Sad

5.Nightingale

6.Train Leaves Here This Morning

7.Take the Devil

8.Earlybird

9.Peaceful Easy Feeling

10.Tryin'



 

 

Eagles (Remastered)

Eagles (Remastered)

 

 



Linda Ronstadt 「Blue Bayou」

本日はLinda Ronstadtの「Blue Bayou」。1977年Releaseの8th Album「Simple Dreams」からSingle Cutされ、Billboardで3位を記録。Track自体はRoy OrbisonのCoverだ。