Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Club Life: Volume Three Stockholm

Tiëstoが2013年にReleaseしたClub Life SeriesのVol 3。

Tiëstoは
Nederland出身で、1994年から活動しているVeteran DJだ。Original Albumは6枚のみだが、Mix CDはかなりの量をReleaseしている。
DJ MagazineのReaders Pollでは2002年から2004年まで1位に選ばれるなど、Careerを重ねるごとに知名度を上げていった。功績の1つを挙げるなら、2004 Summer OlympicsのCeremonyにおいてPlayしたことだろう。DJとして初の快挙だ。もはや彼は世界で最も有名なDJと言っても過言ではない。

さてこのMix CDは最近のTrendも入れつつ、Tiëstoらしい仕上がりになっている。
Insturumentalの「Paradise」でStartし、彼らしいTrack「Take Me」へと繋がっていく。この2つはTiëstoが作ったTrackだ。
Hardwellの「Apollo」は前半のHighlightと言ってもよいぐらいのTimingで流れる。切ないAmba ShepherdのVocalがGood。
中盤はTrendのTrackで盛り上げてくれる。Zeddの「Clarity」、Calvin Harris「Sweet Nothing」、Icona Popの「I Love It」という順番。TiëstoのRemixにも注目。
その後に続くのがPassion PitとMoguai。このSelectは意外で少し驚いた。
HighlightはAlesso Vs. OneRepublicの「If I Lose Myself」。UKで8位まで上り詰めたTrackだ。EDMの中でも非常にLevelの高いBallade。
後半はTiësto作のTrackが並ぶ。Calvin Harrisと共作の「Century」やMOTiとの「Back to the Acid」が印象的だ。











Track listing
 
1.Paradise 

2.Take Me  featuring Kyler England

3.Compromise  featuring Tab

4.Apollo  featuring Amba Shepherd  (Hardwell's Club Life Edit)

5.Love and Run  featuring Teddy Geiger

6.Clarity  featuring Foxes  (Tiësto Remix)

7.Sweet Nothing  featuring Florence Welch  (Tiësto and Ken Loi Re-Remix)

8.I Love It   (Tiësto's Club Life Remix)

9.Carried Away  (Tiësto Remix)

10.Champs

11.If I Lose Myself

12.Cango

13.Century  (Tiësto & Moska Remix)

14.Shocker

15.Back to the Acid

16.United  (Tiësto & Blasterjaxx Remix)



 

 

Club Life Vol.3 Stockholm

Club Life Vol.3 Stockholm

 

 


Tiësto 「The Only Way Is Up」

引き続きTiëstoの「The Only Way Is Up」。Martin Garrixとの共作で、Vol 4 New York CityからのCut。先日行ったSensation Japan 2015でも流れていた。Martin GarrixはTiëstoに憧れてDJになる夢をもったということもあり、彼にとって大切なSongになっただろう。