Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Heroes

David Bowieが1977年にReleaseした12th Albumで、Berlin Trilogyの異名を持つ。このAlbumは2作目に当たり、NMEのAlbum of the Yearを獲得した。

David BowieはUK出身のArtistで1962年から2016年まで活動を続けた。
1960'sは苦しい時期を送ったが「Space Oddity」を皮切りに名前を売り、当時TrendだったGlam Rockに上手く乗りTop Artistの仲間入りを果たす。そしてZiggy StardustというProjectの成功後、America ・ BerlinとFieldを移し様々な音楽を消化してきた。
Career最高のHitを記録したのは「Let's Dance」だが、1970'sの作品こそが音楽的に最も充実していたという意見に異論を唱える人はいないだろう。
音楽性は非常に幅広く、常に探求し変化を求めたArtistでもあった。NMEでは20世紀で最も影響力のあるArtistに選ばれ、Rolling Stoneの偉大なArtistにも選出されている。
先日AlbumをReleaseしたばかりだったが、2016年1月10日69歳という若さで永眠される。

この作品は前述した通りでBerlin Trilogyの1つに当たり、Brian Enoが共作していることでも有名だ。Artworkは後のAlbum「The Next Day」でも使用されている。
Opening Track「Beauty and the Beast 」と続く「Joe the Lion」は割とHighなRock Songで「Beauty and the Beast 」はSingle Cutされている。
Highlightの「Heroes」は彼の代表曲の1つ。Bowieはお得意のSaxophoneを披露していて、前2曲でも参加しているRobert FrippのLead Guitarも好調。
しかしこの作品が名盤になりえたのは後半のTrackの素晴らしさがあったからこそだろう。Krautrockの影響色濃い「V-2 Schneider」でStartし、Eno色強いDarkな「Sense of Doubt」と「Neuköln」はもはやAmbientと言っていいLevel。
Title通り少しDanceableな「The Secret Life of Arabia」も良いが、琴を使用した「Moss Garden」の美しさは言葉では表現できない程だ。
何よりこのAlbumのSoundのこだわりは異常なのでぜひ堪能して頂きたい。David Bowieに最大限の哀悼の意を表してこの記事とする。





 

 



Track listing

1.Beauty and the Beast

2.Joe the Lion

3.Heroes

4.Sons of the Silent Age

5.Blackout

6.V-2 Schneider

7.Sense of Doubt

8.Moss Garden

9.Neuköln

10.The Secret Life of Arabia




 

Heroes

Heroes

 

 



本日紹介したいのは「Let's Dance」と「Modern Love」。1983年Releaseの「Let's Dance」からのCutだ。「Let's Dance」はUK ・ USで1位を記録し、「Modern Love」はUKで2位を獲得した。特に「Modern Love」は個人的にお気に入りで、EmothionalなVocalとSpeed感溢れるSoundが素晴らしい。