Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Black Radio

Robert Glasperの5th Albumで2012年にReleaseされている。Grammy Award for Best R&B Albumを受賞した秀作だ。

 Robert GlasperはHouston出身のPianistで2003年に活動をStart。現在まで7枚のAlbumをReleaseしているが2ndからは名門Blue Noteに移籍。
音楽性はJazzというGenreに囚われずRockをCoverしたり、Hip HopやR&BとのCrossoverを試みたりと非常に革新的だ。本人は母親の影響で幼い頃からJazzが身近にある生活を送っていたが、他のGenreもよく聴いてたことは音楽性からも明らかだろう。

Albumの内容としては、前述した通りR&BとCrossoverした作りになっている。Jazz色の強いR&Bという予想だったが、見事に裏切られR&BがMainのTrackをRobert GlasperのPianoが補うような雰囲気だ。
「Lift Off / Mic Check」で静かに幕を開け、Title通りMic Check後にHighlightの「Afro Blue」がStart。「Afro Blue」は元々Jazz StandardでMongo Santamaríaによって製作された。
Coltrane Versionが有名だが今作での出来栄えも素晴らしい。落ち着いたErykah BaduのVocalと主張しない Robert GlasperのPianoが見事に絡み合う優しいTrack。
「Cherish the Day」はLalah HathawayのHusky Voiceが聴きごたえあり、OriginalのSadeに引けを取らないLevelだ。
Hip HopとCrossoverした「Always Shine」はGuestにLupe Fiascoを迎えているが、違和感なく楽しめる。
「Ah Yeah」はMusiq SoulchildChrisette MicheleがVocalを披露。贅沢な仕上がりだ。
FeaturingにStokley Williamsを迎えた「Why Do We Try」とYasiin BeyことMos DefのTechnicalなRapが聴ける「Black Radio」はRhythmicalなPianoがListenerに高揚感をもたらしてくれるだろう。
「Letter to Hermione」はDavid Bowie、「Smells Like Teen Spirit」はNirvanaのCoverでRockへのRespectが感じられる選曲。








 

 




Track listing

1.Lift Off / Mic Check  featuring Shafiq Husayn

2.Afro Blue  featuring Erykah Badu

3.Cherish the Day  featuring Lalah Hathaway

4.Always Shine  featuring Lupe Fiasco and Bilal

5.Gonna Be Alright (F.T.B.)  featuring Ledisi

6.Move Love  featuring KING

7.Ah Yeah  featuring Musiq Soulchild and Chrisette Michele

8.The Consequences of Jealousy  featuring Meshell Ndegeocello

9.Why Do We Try  featuring Stokley

10.Black Radio  featuring Yasiin Bey

11.Letter to Hermione  featuring Bilal

12.Smells Like Teen Spirit





 

 

ブラック・レディオ

ブラック・レディオ

 

 


Lupe Fiasco 「Kick, Push」

今日はLupe FiascoのDebut AlbumからのSingle Cutで「Kick, Push」。Lupe FiascoはChicago出身のRapperで2000年にCareerをStart。Constantに作品をReleaseし、安定感のあるArtistに成長した。