Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Loud

Rihannaの2010年Releaseの5th AlbumでBillboardで3位を記録した作品だ。Grammy Award for Album of the YearにNominateされ、Worldwideで800万枚を売り上げた。

RihannaはBarbados出身のSingerで2005年から活動をStart。幸運にも16歳の時Def Jamと契約し、飛ぶ鳥を落とす勢いでR&B Divaへと上り詰めた。間違いなく21世紀以降DebutしたArtistの中では最も成功した存在で、様々な記録を樹立している。有名なのはBillbordで21世紀以降最も1位を獲得したArtistと1年で4曲を1位に送り込んだという記録。
音楽性はTrendに合わせて移り変わる傾向があり、DancehallからPopまたEDMなど様々なTypeのTrackに挑戦している。

さてAlbumについてだが、かなりPop感が強くなった印象を受ける。近年TrendのDance Popにいち早く乗っかったと言ったとこだろう。
Opening Trackの「S&M」は力強いRihannaのVocalが堪能出来る仕上がりでBillboardで1位を獲得。ProduceはStargateで、他にも2曲担当していて共に1位を獲得している。
その1つが「What's My Name?」で、DrakeのRapが入るTimingが面白い。もう1つは「Only Girl (In the World)」。こちらはかなりDance寄りの仕上がりになっている。
「Cheers (Drink to That)」ではAvril Lavigneの「I'm with You」と意外なTrackをSampling。原曲のBallade調から一転し、Happyな雰囲気が漂う。
Weddingで使えそうな「Fading」はPolow da DonがProduce、「Man Down」は彼女お得意のReggae Songに仕上がっている。
「Raining Men」はNicki MinajをGuestに迎えHip Hopを披露。GuestのNickiのRapが生き生きとしている。
Ending Trackの「Love the Way You Lie (Part II)」はEminemがOriginalで両者の比重を上手く変えて作られている。このPatternはJay-Z and Aliciaの時も見られた。
Highlightは「California King Bed」。このTrackだけ少し浮いてしまってるように感じる程、Acoustic Guitarも印象的なRihanna屈指のBallade。




 



 

 
Track listing

1.S&M

2.What's My Name?  featuring Drake

3.Cheers (Drink to That)

4.Fading

5.Only Girl (In the World)

6.California King Bed

7.Raining Men  featuring Nicki Minaj

8.Man Down

9.Complicated

10.Skin

11.Love the Way You Lie (Part II)  featuring Eminem





 

Loud [Explicit]

Loud [Explicit]

 

 


Rihanna 「Where Have You Been」

続けてRihannaの「Where Have You Been」。2011年Releaseの「Talk That Talk」からのCutで、よりEDMに近づいた出来になった。