Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

La Roux

La Rouxが2009年にReleaseしたDebut Album。UKで2位を獲得し、Mercury PrizeにもNominateされた。

La Rouxは元々Duoだったが現在ではElly JacksonのSoloという形になっている。出身はLondonで2006年に活動をStart。
音楽性は現代版Eurythmicsのような雰囲気で、Synthpopを軸にしたSoundが魅力的だ。現時点で作品のReleaseは2枚のみだが、自分の音楽性を既に確立しているArtistの一人に個人的には思える。これからが非常に楽しみな存在であることは間違いない。

さてAlbumについてだが、Edgeの効いたSoundが特徴的で現代版Synthpopの代表格として十分説得力のある作りだ。
「In for the Kill」から「Bulletproof」までは、前述したようなSoundでLa RouxがどんなArtistかをListenerに理解させるようなTrackが並ぶ。「In for the Kill」はHighlightと呼べる出来で、UKで2位を獲得。Trendに媚びないSoundがGood。「Bulletproof」もCutされていて、こちらはUKで1位を記録している。
「Colourless Colour」から「Cover My Eyes」までは少しTempoを落としたTrackが目立ち、Balladeも魅力的だ。「I'm Not Your Toy」はSingle Cutで、「Cover My Eyes」は哀愁のあるElectro Soundが素晴らしい。
「As If by Magic」から「Reflections Are Protection」は80'sにTime TravelしたようなSoundが聴ける。そして「Armour Love」の後に、Bonus Trackという形の「Growing Pains」でEnd。
結果Albumとしての統一感は損なわれずに、多彩なTrackで彼女のVocalistとしての才能を発揮した意欲作。












Track listing

1.In for the Kill

2.Tigerlily

3.Quicksand

4.Bulletproof

5.Colourless Colour

6.I'm Not Your Toy

7.Cover My Eyes

8.As If by Magic

9.Fascination

10.Reflections Are Protection

11.Armour Love

12.Growing Pains (bonus track





 

 

La Roux

La Roux

 

 

 


Eurythmics 「Sexcrime (Nineteen Eighty-Four)」

本日は前述したEurythmicsの「Sexcrime (Nineteen Eighty-Four)」。Eurythmicsが手掛けたSoundtrackの「1984」からCutされ、UKで4位を獲得。どちらかというとNew Wave的な雰囲気。