Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

King

T.I.が2006年にReleaseした4th Album。Southern Rap全盛期にReleaseされ、Billboardで自身初となる1位を記録した。

T.I.はAtlanta出身のRapperで1996年に活動をStart。初期は注目を浴びることがなかったが、2nd「Trap Muzik」がTopicになり徐々に人気を集める。そして「Bring Em Out」のHitと、Featuring Gestでの活躍で人気は爆発、2000's 後半はT.I.の時代だったと言えるかもしれない。
自身をKing of the Southと呼ぶように、他のRapperからの評価も高い。
また逮捕やBeefも多いRapperで、Lil ScrappyとのBeefは有名だ。一方でGrand Hustle RecordsのFounderでB.o.BやYoung Droなどを輩出している。

さてAlbumだが前作同様に様々なProducerを迎え制作されたが、MellowなTrackも増えて幅が非常に広がった印象だ。
まずOpeningの「King Back」はJust BlazeのProduceでAction Movieに使用出来そうなSoundがGood。
Featuring UGKの「Front Back」とSingle Cutの「Top Back」はMannie FreshのProduce。特に「Front Back」はSouthernの雰囲気とMannie Freshの癖のあるSoundが見事にBlendされている。
Highlightの「What You Know」はT.I.のProduceでお馴染みのDJ Toompを迎えて制作。Endingの「Bankhead」でもわかる通り、ThugなSoundがT.I.のRapと相性抜群。Single CutされBillboardで3位を獲得した。
再度登場Just Blazeの「I'm Talkin' to You」とSwizz BeatzがProduceの「Get It」はHighな仕上がりで、畳みかけるようなRapが聴ける。
Jamie FoxxをGuestに迎えた「Live in the Sky」とPharrellとCommonを迎えた「Goodlife」はMellowな作りで、洗練されたSoundが心地良い。
「Ride Wit Me」とFeaturing B.G. and Young Jeezyの「I'm Straight」はSouthらしい中毒性の高いTrackに出来上がった。
「Why You Wanna」もSingle Cutされていて、Janet Jacksonの「Got 'til It's Gone」をSamplingしMellowな仕上がりになっている。非常に完成度が高く、個人的にはT.I.のTrackでも3本の指に入る出来栄え。









 

Track listing

1.King Back

2.Front Back  featuring UGK

3.What You Know

4.I'm Talkin' to You

5.Live in the Sky  featuring Jamie Foxx

6.Ride Wit Me

7.The Breakup (skit)  featuring Mike Epps & Malieka

8.Why You Wanna

9.Get It

10.Top Back

11.I'm Straight/Pimp C (skit)  featuring B.G. & Young Jeezy

12.Undertaker  featuring Young Buck  Young Dro & DJ Drama

13.Stand Up Guy

14.You Know Who

15.Goodlife  featuring Pharrell & Common

16.Hello  featuring Govemore

17.Told You So

18.Bankhead  featuring P$C & Young Dro






 

King

King

 

 


T.I.  「Bring Em Out」

引き続けてT.I.の「Bring Em Out」。前述した通り彼の人気に火を点けたSingleで、Billboardで9位に到達した。Swizz BeatzのProduceでUpperな仕上がりのClub Anthem。