Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

All the Right Reasons

 

Nickelbackの5th Albumで2005年にRelease。World Wideで1500万枚を売り上げたMonster Album。

NickelbackはCanada出身のBandで1995年から活動をStart。MemberはChad Kroeger(Vocal) ・ Mike Kroeger(Bass) ・ Ryan Peake(Guitar) ・ Daniel Adair(Drums)で構成されている。元MemberのBrandon Kroegerは従兄弟で、ChadとMikeは兄弟。またDanielは元3 Doors DownのDrummer。
Chad KroegerはSoloでも活躍していて、Santanaとの共演でも有名だ。
音楽性はPost GrungeとしたがSimpleなRockで、
North Americanが好みそうなHardなTrackが多い。
Canadaでの人気は当然だが、Americaでの人気も顕著で2000年以降Billbordで1位を獲得できる数少ないBandの1つに挙げられる。

さてAlbumはCAN ・ USで1位を獲得したが、前作と大きな変化はない印象だ。しかしProducerはNickelbackとJoey Moiで変わりはないが、多くのGuestを迎えたのは変化の1つといえるだろう。
Openingの「Follow You Home」と続く「Fight for All the Wrong Reasons」は彼ららしいPowerfulなTrack。Guestに迎えたZZ TopのBilly Gibbonsがいい仕事をしている。
Highlightは「Photograph」でBillboardで2位を獲得。力強さの中にも切なさを感じる秀逸なTrackに仕上がった。
Guitar Riffが切れのある「Animals」もSingle Cut。
「Savin' Me」と「Far Away」はどちらもBalladeだがTypeが違うのが面白い。悲しさがある「Savin' Me」はPVがTopicになり、「Far Away」はSynthesizerが美しいSimpleな作り。両方Cutされた。
「Next Contestant」と「Side of a Bullet」ではお得意のMetal寄りのApproachがみられる。「Side of a Bullet」ではPanteraのDimebag DarrellがGuitar Soloを担当している。
冒頭のPianoが美しい「If Everyone Cared」は落ち着いたBalladeでLyricもGood。
Endingの「Rockstar」はUKで2位に到達した。王道Southern Rockという雰囲気でTexasのBarに似合いそうな感じ。こちらでもBilly Gibbonsが躍動。
結果Guestを上手く活用し、彼らの魅力を十分伝えることが出来る作品ななっている。





 










Track listing
 
1.Follow You Home

2.Fight for All the Wrong Reasons

3.Photograph

4.Animals

5.Savin' Me

6.Far Away

7.Next Contestant

8.Side of a Bullet

9.If Everyone Cared

10.Someone That You're With

11.Rockstar




 

All the Right Reasons

All the Right Reasons

 

 


Nickelback 「Savin' Me」


Nickelback続きで「Savin' Me」。前述したようにPVに注目して欲しい。Movie顔負けの出来だが悲しいStoryだ。