Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

My Generation

The Whoが1965年にReleaseした記念すべきDebut Album。UK Chartで5位を獲得し、各音楽誌のGreatest Albumsにしばしば選出されている。

The WhoはLondon出身のBandで1964年に活動をStart。1982年に解散するも、1989年に一時活動を再開。1996年からはLiveでの活動が中心だが復活した。
現MemberはRoger Daltrey(Vocal)とPete Townshend(Guitar)。Roger DaltreyはRolling Stoneの偉大なSingerに選出。Pete Townshendも偉大なGuitaristに選出されている。またPeteはSong Writingでも大貢献した。
Original MemberにはJohn Entwistle(Bass)とKeith Moon(Drums)を擁する。Keith Moonの死後はKenney JonesがDrummerの座を引き継いだ。John EntwistleはRolling Stoneの偉大なBassistで1位の名誉、Keith Moonは偉大なDrummerの2位に選出。
このようにThe Whoは確かな演奏技術を持ったBandで、その技術を活かしながら大音量で行うLive Performanceでも評価された。GuitarやDrumsを破壊するPerformanceなども、後のBandに受け継がれた。

さてAlbumだがDebut AlbumということもあってCoverなども目立つが、他の60'sのBandの中ではCoverが占める割合が少なかったことは有名。
OpeningにピッタリのStraightなTrack「Out in the Street」でStartし、続くはJames BrownのCover「I Don't Mind」。James BrownのCoverは「Please, Please, Please」もあるが甲乙つけがたくSoulfullに歌いこなしてる。
「The Good's Gone」はPowerfulなGuitarが印象的で、「La-La-La-Lies」は絶妙なPop感が際立つ仕上がりだ。
Highlightは当然「My Generation」でUKで2位に輝いた。Pinkのように攻撃的な初期衝動感の強いTrack。Rolling Stone's 500 Greatest Songs of All Timeの11位に選出。Bandを代表するTrackで、Rock史上屈指の名曲。
「The Kids Are Alright」もSingle CutでPower PopのようなSoundが特徴。多くのBandにCoverされている。
Bo DiddleyのCover「I'm a Man」はThe YardbirdsのCoverも有名な人気Track。Blues感強く仕上げてるのがGood。
「A Legal Matter」は流れの良い作りで、まとまりのあるSoundが心地良い。こちらもSingle Cut。
そしてInstrumentalの「The Ox」でEnding。













Track listing
 
1.Out in the Street

2.I Don't Mind

3.The Good's Gone

4.La-La-La-Lies

5.Much Too Much

6.My Generation

7.The Kids Are Alright

8.Please, Please, Please

9.It's Not True

10.I'm a Man

11.A Legal Matter

12.The Ox





 

マイ・ジェネレイション+12

マイ・ジェネレイション+12

 

 

The Who 「I Can't Explain」


The Whoの「I Can't Explain」。彼らの人気に火を点けたSingle。