Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

DS2

 

Futureが2015年にReleaseした3rd AlbumでBillboardで1位を記録。各音楽誌も高評価を点けた作品だ。

FutureはAtlanta出身のRapperで2009年に活動をStart。現在までに4枚のOriginal AlbumをReleaseしていて、好調なCareerを維持している。
また彼はOutkastやKiller Mike ・ Organized Noizeなどを擁するDungeon Familyの一員であることは有名。Organized NoizeのRico Wadeは従弟にあたる。
彼の音楽性で特記すべきはAuto-Tuneで加工したRapが挙げられるだろう。T-Painが取り入れたことはあまりにも有名だが、Rapに取り入れるという発想は非常に斬新だった。
South Sideの枠に止まらずにUSを代表するRapperになることが期待できるRapperの1人で間違いない。

さてAlbumだが、今作はMixtapeでReleaseした「Dirty Sprite」の続編という形になっている。ProduceはMetro BoominとSouthsideによるものが大部分を占める。Metro Boominは今後注目のProducerの1人だ。
ドロドロした不穏なSoundが印象的な「Thought It Was a Drought」でStartし、続く「I Serve the Base」もDarkな雰囲気が漂う。
Highlightは「Where Ya At」で当然Single Cut。FutureのRapが機械のように狂いなく淡々と披露されるのが中毒性を高めていると言えるだろう。作中唯一のGuestであるDrakeが機械のようなTrackを良い意味で破壊している。
「Groupies」ではお家芸のDirty Rapを披露。
一方で、後にCutされた「Stick Talk」では悲壮感漂うRapで魅せる。「Rotation」や「Slave Master」も同様の雰囲気をもつ。
Tempoが良い「Freak Hoe」やSingle Cutの「Blow a Bag」は個人的にお気に入りのTrackだ。
美しいPianoがやたらと耳に残る「Colossal」や哀愁や諦めなどを感じる「Rich Sex」も素晴らしい出来栄え。
そしてSlowな「Blood on the Money」でEnding。
全体的にSoundはMinimal化して、FutureのRapと素晴らしいChemistryを生んだ作品になった。HookのRapが異常に耳に残るあたりもGreat。2010's Hiphop屈指の名盤で間違いない。















Track listing
 
1.Thought It Was a Drought

2.I Serve the Base

3.Where Ya At  featuring Drake

4.Groupies

5.Lil One

6.Stick Talk

7.Freak Hoe

8.Rotation

9.Slave Master

10.Blow a Bag

11.Colossal

12.Rich Sex

13.Blood on the Money




 

 

DS2

DS2

 

 



T-Pain 「Buy U a Drank (Shawty Snappin')」

本日はT-Painの「Buy U a Drank (Shawty Snappin')」。2007年にReleaseした2nd「Epiphany」からのCut。当時旬だったRapperのYung JocをGuestに迎え、Billboardで自身初の1位を獲得した。
Auto-Tuneで加工した歌は上記のFuture同様、当時は斬新だった。