Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Wolfgang Amadeus Phoenix

 

 Phoenixが2009年にReleaseした4th Album。Grammy Award for Best Alternative Music Albumを受賞した。

PhoenixはFranceのVersailles出身のBandで1999年に活動をStart。MemberはThomas Mars (Vocal) ・ Deck d'Arcy (Bass) ・ Laurent Brancowitz (Guitar) ・ Christian Mazzalai (Guitar)という構成。Laurent BrancowitzはDaft Punkの2人とDarlin'というBandで活動してた経歴を持つ。他の3人はAirのBack Bandを務めていた。
音楽性はSimpleに言うとIndie RockにElectroを絶妙にBlendした感覚。また作品全体を通してPopに聴かせることが上手なBandでもある。どの作品も主要な各音楽誌の評価は高く、安定感のあるBandであることは間違いない。

さてAlbumだが、CassiusのPhilippe ZdarをProducerに迎えて制作されている。彼の起用はDebut Album以来。
現時点では彼らの最高傑作と言っても過言ではない。Album全体の流れが非常に素晴らしい作品だ。

Openingの「Lisztomania」はTempoの良いTrackで、上品にElectroを取り入れている。Single Cutもされた。
Highlightは「1901」。他のTrackよりBPMも早く、Soundも厚みがあるが品良くまとめあげている印象だ。数々のPopular Cultureに使用された。当然Single Cutされ、USでPlatinum Discを獲得。
「Fences」はSoftなTrackで、Englishmanのように歌い上げているのが魅力的。
「Love Like a Sunset (Part I)」はInstrumentalながら構成が見事で、続く「Love Like a Sunset (Part II)」ではVocalを入れSlow Downしていく。
3rd Singleとなった「Lasso」は、作中では割とSimpleなRock Songに仕上がった。
「Rome」や「Countdown」はSoundに工夫がみられるが、それに対応した緩急のあるVocalに注目したい。
Endingの「Armistice」はBPM早めで、作中唯一少しSeriousなSoundが特徴的。
改めて聴くと作品全体を通してTrackの終わり方を大事にしてる印象で、Franceというオシャレな街並みを感じられるMasterpiece。













Track listing

1.Lisztomania

2.1901

3.Fences

4.Love Like a Sunset (Part I)

5.Love Like a Sunset (Part II)

6.Lasso

7.Rome

8.Countdown

9.Girlfriend

10.Armistice



 

 

 

Wolfgang Amadeus Phoenix

Wolfgang Amadeus Phoenix

 

 

 

Cassius 「Feeling for You」

本日はCassiusの「Feeling for You」。French house全盛期の1999年にReleaseされた「1999」からのSingle Cut。もう1人のMemberはBoom Bass。後にAvicii with Sebastien DrumsがCoverしたHouseを代表する名曲。