Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Café Bleu

The Style Council1984年にReleaseしたDebut Album。UKで2位に到達し、1001 Albums You Must Hear Before You Dieに選出。

The Style Councilは1983年から1989年まで活動したUK出身のBand。The Jam解散後にPaul WellerがMick Talbotと共に結成した。他のMemberとしてDee C. LeeとSteve Whiteがいる。
1stと2nd Albumの人気が非常に高いBandであるが、3rd AlbumもUK Chartでは2位に到達している。
このBandの注目して欲しいとこは音楽性で、The Jamの頃のPunkやModsといったGenreから様変わりしたのがTopicになった。その音楽性はSoulやJazzなどのBlack Musicを核にしたSoundを展開し、オシャレな雰囲気漂う大人のPopと言ったとこだろう。
The Style Councilに出会った頃はPaul WellerのSoloもThe Jamも既に知っていたが、Paul Wellerという男のSenseに驚かされたのはThe Style Councilによるものが1番大きいかもしれない。

さてAlbumだが、1983年ReleaseのMini-LPでも組んだPeter WilsonをProducerに迎えた。Parisで撮影されたArtworkも秀逸。
まずOpeningは軽快なPianoが映える「Mick's Blessings」。続く「The Whole Point of No Return」もBackground MugicをBaseに静かに歌いあげる。この2曲で既にThe JamからのFanは肩透かしをくらったのではなかろうか。
「Me Ship Came In!」から「The Paris Match」はJazz色が強いTrackが並ぶ。特にEverything but the GirlのTracey ThornをVocalで迎えた「The Paris Match」は圧巻の出来栄え。
Highlightは「My Ever Changing Moods」。PianoとVocalのSimpleな構成だが、Paul WellerのEmotionalなVocalが素晴らしい。Single CutされUKで5位を記録。
「Dropping Bombs on the Whitehouse」はSessionのような感覚で心躍るし、「A Gospel」はRap調のVocalが面白いTrackだ。RapはDizzy Hiteが担当。
「Strength of Your Nature」はUptempoなTrackだが、Black Musicの匂いを随所に散りばめている。
「You're the Best Thing」はCutされ、UKで5位を獲得。無駄がないのでTrackの良さが引き立って聴こえるのが特徴。
「Here's One That Got Away」と「Headstart for Happiness」は爽やかな雰囲気がGood。「Here's One That Got Away」のViolinは特に必聴。
そしてInstrumentalの「Council Meetin'」でEnding。
改めて聴いた結果、日常に携帯できるLevelのオシャレな雰囲気漂う傑作と言えるだろう。











 

Track listing
 
1.Mick's Blessings

2.The Whole Point of No Return

3.Me Ship Came In!

4.Blue Café

5.The Paris Match

6.My Ever Changing Moods

7.Dropping Bombs on the Whitehouse

8.A Gospel

9.Strength of Your Nature

10.You're the Best Thing

11.Here's One That Got Away

12.Headstart for Happiness

13.Council Meetin'




 

Cafe Bleu

Cafe Bleu

 

 

 

Style Council 「Long Hot Summer」

続けてStyle Councilの「Long Hot Summer」。前述したMini-LPからのSingle Cutで、UKで3位を記録。暑すぎる気怠い夏にピッタリのTrack。