Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Fleetwood Mac

 

Fleetwood Macが1975年にReleaseした10th Album。Fleetwood Mac黄金期の幕開けとなった作品である。

Fleetwood MacはUKで結成されたBandで1967年から活動をStart。息の長いBandだがMemberが流動的なのは非常に有名。
初期はBluesをBaseとした音楽性のBandでPeter Greenが中心人物だったが、その後Bob Welchが加入しBlues色は薄れていった。
黄金期はPop色を強め、MemberはLindsey Buckingham(Guitar)・Stevie Nicks(Vocal)・Christine McVie(Keyboards)・John McVie(Bass)・Mick Fleetwood(Drums)。LindseyとChristineもVocalをとれるのが魅力でもあった。
初期から活動し現在も在籍し続けているのはMick FleetwoodとJohn McVieだけである。現在は黄金期のMemberで活動している。

さてAlbumだが、前述した黄金期のMemberでのFirst Albumという形になる。Songwritingの面でも、ほぼ3人で担当することによりVarietyに富んだ印象だ。

Lindsey Buckingham作は「Monday Morning」 ・ 「World Turning」 ・ 「I'm So Afraid」。
「Monday Morning」はPop色の強いTrackでOpeningに相応しい作り。
「World Turning」だけはChristine McVieとの共作。StraightなRock Numberで個人的にお気に入りのTrackだ。
Endingの「I'm So Afraid」は鬱々とした雰囲気で、上記の2曲とは毛並みが違う。
Lindseyが有能なSongwriterということを証明するのに充分な3曲だ。

Christine McVie作は「Warm Ways」 ・ 「Over My Head」 ・ 「Say You Love Me」 ・ 「Sugar Daddy」。「Sugar Daddy」以外はSingle Cut。
「Warm Ways」と「Over My Head」は物憂げな感じで、「Say You Love Me」と「Sugar Daddy」は非常にPopな感覚で極端なのが面白い。「Say You Love Me」はUSで11位を獲得。

Stevie Nicks作は「Rhiannon」 ・ 「Crystal」 ・ 「Landslide」。
「Rhiannon」はSingle CutでUSで11位を記録。Highlightと呼べる出来で、SeriousなSoundが耳に残る。
「Crystal」は素晴らしいBalladeで、力強いVocalにも注目。
ただSimpleにTrackの良さだけを挙げるなら「Landslide」はNo.1。Folk色が濃く、Stevie Nicksの語りかけるようなVocalがGreat。
Stevieは色で表現するとGrayのようなTrackが良く似合う。
最後にMichael Curtis, Richard Curtis作の「Blue Letter」はPowerfulなTrackで、抜群の爽快感を放つ。









 




Track listing
 
1.Monday Morning

2.Warm Ways

3.Blue Letter

4.Rhiannon

5.Over My Head

6.Crystal

7.Say You Love Me

8.Landslide

9.World Turning

10.Sugar Daddy

11.I'm So Afraid




 

Fleetwood Mac

Fleetwood Mac

 

 



Today's No.1 Song

本日はThe Smashing Pumpkinsの「Landslide」。当然、前述のFleetwood MacのCoverだ。彼らのGreatest Hits「Rotten Apples」に収録。個人的には、Originalを超えた数少ないCoverの1つだ。人生において、Best 100に入る1曲。