Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The Scene Changes

 

 

Bud Powellが1959年にReleaseしたAlbum。彼が全盛期の輝きを取り戻したと言われる作品だ。代表作の1つに挙げられるだろう。

Bud PowellはNY出身のPianistで1944年から1965年まで活動した。1966年に41歳で永眠。精神疾患などの影響から作品の出来に差があるが、1940年代後半から50年代前半までの全盛期の作品は傑作とされることが多い。
前述した精神疾患の治療の為の電気ショック療法と、人種差別による警官からの頭部への暴行が彼のPiano Playに制限をかけたのは有名な話だ。
しかし、それでも彼がJazzにもたらした功績は大きい。Piano ・ Bass ・ DrumsからなるPiano Trioの形成と、Piano JazzにBopを定着させたのが挙げられるだろう。
 JazzというGenreでは多くのFollowerが生まれるほどの存在で、避けては通れない人物であることは間違いない。

Member

Bud Powell    Piano
Paul Chambers      Bass
Art Taylor              Drums  


さてAlbumだが、全盛期のReleaseではないが代表作とされることの多い作品だ。全曲Originalというのも素晴らしい。
OpeningにしてHighlightの「Cleopatra's Dream」はTempoの良いPianoがGreat。彼の中でも圧倒的に人気のTrackだ。
続く「Duid Deed」ではCoolなMelodyにListenerは一瞬にして引き込まれるだろう。
「Down with It」は疾走感溢れるTrackでPaul ChambersのBass SoloがGood。
Melodyがやたらと耳に残る「Danceland」は個人的にお気に入りのTrack。
明るく親しみやすい雰囲気の「Borderick」や少しSeriousな「Gettin' There」にも注目したい。
Endingは「The Scene Changes」では軽快なPianoを披露している。
改めて聴くと、Track自体が素晴らしすぎるので傑作と評価できるAlbum。








Track listing
 
1.Cleopatra's Dream

2.Duid Deed

3.Down with It

4.Danceland

5.Borderick

6.Crossin' the Channel

7.Comin' Up

8.Gettin' There

9.The Scene Changes





 

The Scene Changes (Rudy Van Gelder Edition) ( 2003 - Remaster)

The Scene Changes (Rudy Van Gelder Edition) ( 2003 - Remaster)

 

 



The Dave Brubeck Quartet 「Take Five」

本日はThe Dave Brubeck Quartetが1959年にReleaseした「Time Out」から「Take Five」。Dave BrubeckはWest Coast Jazzの代表的なPianistで1940'sから2012年まで活動した。2012年に91歳で永眠。「Take Five」はJazzを代表する1曲で、多くのArtistにCoverされた。