Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Confessions

 Usherが2004年にReleaseした4th AlbumでUS ・ UK共に1位を記録した。現在までに2000万枚以上を売り上げたMonster Album。

UsherはDallas出身のR&B Singerで1991年に活動をStart。現在も精力的に活動を続けていて、自他共に認めるSuperstarの地位を築き上げた。
 2nd Album以降は順調なCareerを維持していて、Grammy Awardの常連でもある。またNBAのCleveland Cavaliersの共同Ownerに2005年に就任。
ところで話が変わるが、先日NBA FainalsのGame 7が行われ見事Cleveland Cavaliersが優勝を果たした。私がNBA Fainals MVPのLeBron Jamesにもらい泣きしたのは言うまでもない。LeBron Jamesという人物を心から尊敬するし、Cleveland Cavaliersは本当に素晴らしかった。
Congratulations to the city of Cleveland.

さてAlbumだが、前作に引き続きL.A. ReidやJermaine Dupriなどの豪華なProducerが集結した。2000's R&Bを代表する作品と言っても過言ではないだろう。
Openingの「Intro」後、いきなりHighlightの「Yeah!」が鳴り響く。GuestにLil JonLudacrisを迎えCrunk風に仕上げたClub Anthem。Billboardで12週1位を記録し、Grammy Award for Best Rap/Sung Collaborationを受賞。
「Throwback」はUsherお馴染みのSexy Tuneで、Just BlazeのProduceが光る。
序章の「Confessions (Interlude)」を挟んで、Billboardで2週1位を記録した「Confessions Part II」が流れる。こちらはJermaine DupriのProduce。FreestyleのようなVocalが非常に魅力的。
「Burn」は美しいBalladeでBillboardで8週1位を獲得。特にChorusでのEmotionalなVocalは必聴。
「Caught Up」もお馴染みと言っていい彼らしいDance Tune。何気にBillboardで8位に到達している。
個人的にお気に入りの「Superstar」は官能的に歌い上げているのがGood。実はFaith EvansがVocalで参加している。
Janet JacksonのTrackを使用した「Truth Hurts」は軽いTouchが魅力的。
Title通りSimpleな「Simple Things」やUp Tempoな「Bad Girl」なども聴きどころだろう。
結果、Usherは2004年のBillboardをこのAlbumで席巻したと言えよう。Single Chartsでは28週1位を独占し、年間Chartでは「Yeah!」が1位、「Burn」が2位という形になった。












Track listing
 
1.Intro

2.Yeah!  featuring  Lil Jon  and  Ludacris

3.Throwback

4.Confessions (Interlude)

5.Confessions Part II

6.Burn

7.Caught Up

8.Superstar (Interlude)

9.Superstar

10.Truth Hurts

11.Simple Things

12.Bad Girl

13.That's What It's Made For

14.Can U Handle It?

15.Do It to Me

16.Take Your Hand

17.Follow Me


 

Confessions (Spec)

Confessions (Spec)

 

 



Usher 「My Boo」

本日は引き続きUsherの「My Boo」。こちらも前述した28週1位に一役買ったSingleである。Billboardで6週1位を獲得。Alicia Keysとの極上のDuetが堪能出来る。