Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Believe

 

Justin Bieberが2012年にReleaseした3rd AlbumでWorldwideで1位を記録。翌年にAcoustic VersionもReleaseされた。

 Justin BieberはCanada出身のSingerで2008年に活動をStart。Justin BieberがRecord契約するのにUsherが一役買ったのは有名な話で、現在もProducerとして必ずUsherの名前がCreditされる。これまで順調なCareerを積んでるが、Private Lifeで度々騒動を起こしてしまうのが少し残念だ。
音楽性としては初期はTeen Popの王道という雰囲気だったが、近年はTrendに上手く適応した作品をReleaseしている。特にElectro色の強いSoundとの相性は素晴らしい。この相性については、Jack UにFeaturing Guestで参加した「Where Are Ü Now」で証明済み。
まだ22歳という若さなので、これからが楽しみなArtistの1人だ。

さてAlbumだが、Executive Producerは前作に引き続きScooter BraunとUsherが担当。Justin Bieber自身もExecutive ProducerにCreditされている。TrendだったEDMの影響が感じられるTrackも多々収録された。
OpeningからSingle Cutの「All Around the World 」でStart。LudacrisのRapが良いSpiceになっている。
「Boyfriend」もCutされUS ・ UK両Chartで2位を記録。Club BeatsとAcoustic SoundをMixし、R&B風に歌い上げたCatchyなTrack。ProduceでMike Posnerが参加。
Big SeanをGuestに迎えた「As Long as You Love Me」はEDMの影響が色濃いが、Soundとは正反対に苦悩してるような歌い方をしているのが印象的。Billboardで6位を獲得。
「Catching Feelings」や「Be Alright」は爽やかなAcoustic Soundで聴きやすい作りだ。
Hit-BoyのProduce「Right Here」もSingle Cut。GuestのDrakeがVocalとRapで大貢献している。OpeningにScratchを入れる発想がGood。
「Die in Your Arms」はPopな作りで、Chorusの歌い方が面白い。
DiploのProduceの「Thought of You」も良いが、HighlightはZeddがProduceした「Beauty and a Beat」。Billboardで5位を記録。UpperなDance Tuneで、Nicki MinajのRapがさらに拍車をかける。PVもGreat。
Endingの「Believe」はMagnificentなTrackで、Soulfulに歌い上げる。















Track listing
 
1.All Around the World  featuring Ludacris

2.Boyfriend

3.As Long as You Love Me  featuring Big Sean

4.Catching Feelings

5.Take You

6.Right Here  featuring Drake

7.Fall

8.Die in Your Arms

9.Thought of You

10.Beauty and a Beat  featuring Nicki Minaj

11.One Love

12.Be Alright

13.Believe


 

BELIEVE

BELIEVE

 

 





Selena Gomez 「Good for You」

本日はSelena Gomezの「Good for You」。2015年にReleaseした2nd「Revival」からのSingle Cutで、Billboardで5位を記録。
Selena GomezはTexas出身のSingerで2002年に活動をStartしている。
このSingleはASAP RockyをGuestに迎え、DownerなDance Musicに仕上げた。