Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Do You Believe in Magic

 

 The Lovin' Spoonfulが1965年にReleaseしたDebut Album。1960'sを代表するFolk Rockの名盤であることは間違いない。
 
The Lovin' SpoonfulはNY出身のBandで1965年に活動をStart。今作は結成当時のMemberのJohn Sebastian (Vocal) ・ Steve Boone (Bass) ・ Joe Butler (Drums) ・ Zal Yanovsky(Guitar)が担当している。The MugwumpsというBandの解散により、このThe Lovin' Spoonfulとあの有名なThe Mamas & the Papasに分裂した。
John Sebastianの脱退により1969年に解散しているが、1991年に再結成し現在も活動を続けている。初期Memberで残ってるのはSteve BooneとJoe Butlerのみだ。
音楽性はPop色の強いFolk Rockという感触で、British Invasionの影響も顕著。短い活動期間ながらSingleでも多くのHitを放った。

さてAlbumだが無駄のないSimpleなTrackが並んでいる為、非常に耳に馴染みやすい作品に仕上がっている。
OpeningはHighlightの「Do You Believe in Magic」で、USで9位を記録した。多くのArtistにCoverされ、USでの人気は現在も衰えていない。当然代表曲にあたるが、私もこの1曲で虜になってしまった。
「Blues in the Bottle」から「My Gal」までの3曲はTraditional Song。BluesをPopに料理した「Blues in the Bottle」やRock色の強い「My Gal」など佳曲が並ぶが、いい意味で呑気な「Sportin' Life」が最も印象的だ。「Sportin' Life」での、John SebastianのVocalとHarmonicaは本当に素晴らしい。
「You Baby」はSong WritingでPhil Spectorが参加している。
Single Cutの「Did You Ever Have to Make Up Your Mind?」はUSで2位に到達した。SoundとVocalをMinimumにすることにより、子守唄のようにPopに聴かせてくれる。
「Fishing Blues」と「Wild About My Lovin'」もTraditional Song。「Wild About My Lovin'」の躍動的なSoundが個人的にはGoodだ。
「Other Side of This Life」は単純にTrackのQualityが高い。こういうTrackをさらっと収録出来るのは凄い。
そして、Member4人で作ったInstrumentalの「Night Owl Blues」でEn












Track listing
 
1.Do You Believe in Magic

2.Blues in the Bottle

3.Sportin' Life

4.My Gal

5.You Baby

6.Fishing Blues

7.Did You Ever Have to Make Up Your Mind?

8.Wild About My Lovin'

9.Other Side of This Life

10.Younger Girl

11.On the Road Again

12.Night Owl Blues



 

Do You Believe in Magic

Do You Believe in Magic

 

 





1960's Song

今日はThe Mamas & the Papasの「California Dreamin'」。1966年Releaseの1st「If You Can Believe Your Eyes and Ears」からCutされ、USで4位を記録。
The Mamas & the PapasはNY出身で1960'sに活躍したBandで、Rockの殿堂入りも果たしている。「California Dreamin'」自体は名曲中の名曲で、Rolling Stone's 500 Greatest Songs of All Timeにも選出。