Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Chicken-n-Beer

 

 Ludacrisが2003年にReleaseした4th Album。Billboardで初の1位を記録し、今作からChartで1位を連発することになる。
 
 LudacrisはAtlantaを拠点に活動しているRapperで1998年にCareerをStart。特に2000'sの活躍は凄まじく、OutkastやT.I. ・ Lil Wayneと肩を並べた程のSouthを代表するRapperの1人だ。2007年にReleaseした「Release Therapy」で、Grammy Award for Best Rap Albumを受賞している。
Disturbing tha PeaceのFounderとしての顔も持ち、Chingyを世に送り出した。またActorとしても活躍していて、「The Fast and the Furious film series」の出演が最も有名か。
音楽性は特徴のある声から放たれるDirty Rapが最大の魅力。SouthのRapperは声に特徴がある人が多いが、Ludacrisもその1人であることは間違いない。1度聞いたら忘れられないだろう。

さてAlbumだがChaka ZuluをExecutive Produceに迎え、Kanye WestJuicy JなどがCreditされた。 Ludacrisの作品の中では、Dirty South色が強いAlbumに仕上がっている。
Openingの「Southern Fried Intro」でいきなり高速のRapを披露し、続くSingle Cutの「Blow It Out」ではお得意のUpperなDirty Rapで魅せる。
HighlightはBillboardで1位を記録した「Stand Up」。ProduceでKanye Westが参加し、GuestにShawnnaを迎えた。Hookが印象的でLudacrisの代表曲の1つに挙げられるだろう。PVもFunny。
Trackの構成が面白い「Splash Waterfalls」もBillboardで6位に到達した。作中では割とMellowな部類で、個人的には非常に気に入っている。
8Ball & MJGを迎えた「Hard Times」やSingle Cutの「Diamond in the Back」 ・ 「Screwed Up」featuring Lil' Flipなど、これぞDirty Southと呼べるようなTrackが並ぶ。
「P-Poppin」はWriterでThe Neptunesが参加し、Mystikalの「Danger (Been So Long)」をSamplingしたTrack。こちらもCutされた。
Mellowな仕上がりの「Hoes In My Room」はSnoop Doggとの絡みが心地良い。このTrackにSnoop DoggというChoiceは大正解だろう。
Artworkの世界観そのままの「Teamwork」では緩急のあるRapで聴かせる。
「We Got」はDisturbing tha PeaceのRapperでRap Relayを披露。
そして若き日の2 ChainzがGuestの「Eyebrows Down」でEnding。













Track listing
 
1.Southern Fried Intro

2.Blow It Out

3.Stand Up  featuring Shawnna

4.Rob Quarters

5.Splash Waterfalls

6.Hard Times  featuring 8Ball & MJG and Carl Thomas

7.Diamond in the Back

8.Screwed Up  featuring Lil' Flip

9.T Baggin'

10.P-Poppin  featuring Shawnna and Lil' Fate

11.Hip Hop Quotables

12.Black Man's Struggle

13.Hoes In My Room  featuring Snoop Dogg

14.Teamwork

15.Interactive

16.We Got  featuring Chingy and I-20 ・ Tity Boi

17.Eyebrows Down  featuring Tity Boi and Dolla Boy



 

Chicken & Beer

Chicken & Beer

 

 

 





引き続きLudacrisの「Runaway Love」featuring Mary J. Bligeと「Money Maker」featuring Pharrell。両Track共に「Release Therapy」からのCut。
「Runaway Love」は児童誘拐をThemeにしたLyricがTopicになり、Billboard2位を記録。Ludacrisらしくないと言うと失礼だが、Seriousな仕上がり。
「Money Maker」は自身2度目のBillboard1位。Grammy Award for Best Rap Songも受賞。Film「The Big Short」でも効果的に使用された。