Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

On the Corner

 

 

Miles Davisが1972年にReleaseしたAlbumで、当時では前衛的すぎて問題作とされた。Black Musicの辿ってきた歴史を見れば、名盤という評価は今では誰も疑う余地はないだろう。
 
Miles DavisはIllinois出身のTrumpeterで、1944年から1991年まで活動したJazzというGenreを代表するLegendだ。1991年に65歳で永眠。
Miles DavisというArtistを紹介するにあたって、最も重要なWeightを占めるのは音楽性についてだろう。完璧主義者ということは有名だが、彼がJazzというGenreへの貢献度は本当に計り知れない。
CodeからModeへ移行したModal Jazzを完成させ、Electric Jazz路線を追求しFusionを確立した。他にも、FunkやHip Hop ・ Bluesなどの導入を積極的に試みた。
Jazzを聴くなら絶対に避けては通れないArtistで、No.1でありOnly Oneな人物だろう。

さてAlbumだが、Chick CoreaHerbie Hancockなどの
Second Great Quintet結成以降の豪華なMemberが多数集結した作品となった。Miles DavisのTrumpetは影を潜め、Rhythmを追求したTrackに終始しているのが最大の特徴だろう。
Trackごとに解説したいが、このAlbumは何処が切れ目かわからない程流れの良い仕上がりになっている。FunkやAfrobeatを大胆に導入し、Listenerの感性に訴えかけるようなSoundが非常に挑発的だ。
この作品こそ、聴かなければわからないという言葉が最もふさわしいAlbumである。実は私は音楽知識など全くない。単純に音楽が好きで、所有している作品をいつも感覚で紹介しているだけである。
冒頭で名盤と記載したが、こういう難解な作品は評価が分かれやすいだろう。実際にReleaseされた時の評価は良いとは言えなかった。人間は未知の物に恐怖を感じるので、ここでMiles Davisが提示したSoundは正にそれだったと思う。よって正当な評価は期待できない。
はっきり言うとRivewや各音楽誌の評価、口コミなど本当はどうでもいいのだ。私のBlogの記事も意味はない。最も重要なのは作品に正当な金額を支払って聴き楽しむということ。どんな素晴らしいArtistも収入がなければ続けられないので。
個人的にこのAlbumについて言える確実なことは2つ。音楽は自由であるということ。そしてFunkというGenreに分類したが、Black Musicの1つのあり方を提示したということだけである。




Track listing

1.On the Corner/New York Girl/Thinkin' One Thing and Doin' Another/Vote for Miles

2.Black Satin

3.One and One

4.Helen Butte/Mr. Freedom X



 

 

ON THE CORNER

ON THE CORNER

 

 

 



「Boléro」


本日はMaurice Ravel作曲の「Boléro」。Maurice RavelはFrance出身の作曲家で1892年から1932年まで活動。1937年に62歳で永眠。
Boléro」はバレエ音楽で、同一のRhythmが格式の高さを助長するような仕上がり。Mediaでもあらゆる媒体で使用される。