Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Yeezus

Kanye Westが2013年にReleaseした6th Albumで、主要Chartで軒並みに1位を獲得した。各音楽誌からは称賛の嵐で、Pitchfork ・ Rolling StoneがBest Albumsの2位にSpinが1位に選出。

 

さてAlbumだがPromotionの方法が画期的で、主要都市の壁面に映像を映し出すという形がとられた。Executive Producerの1人にRick Rubinを迎え、Experimental色の強い作品に仕上がっている。Sound自体はMinimalやIndustrialという表現が妥当で、攻撃的かつ挑発的なTrackが多く並んでいる印象だ。Artworkも御覧の通り。

まずOpeningの「On Sight」から3曲はProduceにDaft Punkが関与。「On Sight」はDaft PunkのTrackがIndustrial化したようなSoundに一瞬で惹きつけられるだろう。

Highlightは「Black Skinhead」。Industrial Hip Hopという言葉が最もしっくりくるSoundに、追い詰められているようなKanyeのRapが見事に合わさる。当然Single Cut。

「I Am a God」もSingle Cutで、このTrackの特記すべきとこはTitleだろう。Beach Boysの「Pet Sounds」で初めて使用されたGodというWordを使用し、私は神だとまで言い放っている。Hudson MohawkeをProducerに加え、Soundも厚みを増した。

Industrial色が非常に強い「New Slaves」は「Black Skinhead」より少しBPMを落として表現。Frank OceanとSwizz Beatzが参加。

「Hold My Liquor」からの3曲はArcaがProducerとしてCreditされている。

狂気的な「I'm In It」はJamaicaのAssassinを迎えDancehall色をSpiceとして加味、また「Blood on the Leaves」では軍隊の行進のようなSolidなSoundが印象的だ。

Endingの「Bound 2」はCutされ、Billboardで本作中最高位の12位を記録。No I.D.がProduceで関与し、作中唯一温かみのあるSoundで締めくくった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1.On Sight

 

2.Black Skinhead

 

3.I Am a God  featuring  God

 

4.New Slaves

 

5.Hold My Liquor

 

6.I'm In It

 

7.Blood on the Leaves

 

8.Guilt Trip

 

9.Send It Up

 

10.Bound 2

 

 

 

 
 

 

 

 

 

Daft Punk 「Technologic」

 

本日はDaft Punkの「Technologic」。2005年Releaseの「Human After All」からのCut。前作よりHouse色は薄れ、硬質なSoundが特徴的。