Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Beaucoup Fish

Underworld1999年にReleaseした5th AlbumでUKで3位を記録した。Spin誌やNMEなどから高評過を得た作品で、Gold Discに認定されている。

 

UnderworldはUK出身のBandで1987年に活動をStart。前身BandはFreurという名前で5人で活動していた。現MemberはKarl HydeとRick Smithの2人。

1992年にDarren Emersonが加入してから黄金期がStartし、Trainspottingで使用された「Born Slippy .NUXX」で一躍有名になったのは間違いない。その後もDanny Boyleとは良好な関係を保っている。

2012年には、Londonで開催されたSummer Olympics Opening Ceremonyの音楽監督に抜擢された。また盟友Danny Boyleも芸術監督に選ばれたのは、大変素晴らしいことだろう。

音楽性としては初期のSynthpopからTechnoやProgressive Houseに移行し、大成功を収めた印象だ。UKのClub Musicを代表するLegendで、個人的にはUKのClub Music=Underworldという感覚が強い。

 

さてAlbumだが前作よりも短いTrackが増え、その影響かTrack数も多くなった。少しPopになり、とっつき易くなった印象も受けるだろう。

Openingは、作中最も長いTrackの「Cups」で静かに幕を開ける。

続く「Push Upstairs」はSingle Cutで、UKで12位に到達している。SolidなPianoとKarl HydeのVocalが見事に絡み合い、極上の仕上がりを見せている。

「Jumbo」もSingle Cut。美しいHouse調のSoundをBaseに、絶妙な浮遊感がある奇妙なTrack。

Highlightは「Shudder/King of Snake」。こちらもCutされ、UKで17位を記録。9分を超える長さだが、Soundの種類と使用するTimingが完璧すぎて脱帽するだろう。

DownerなVocalの「Skym」から一転、硬質なSound「Bruce Lee」ではRap調のVocalが楽しめる。

「Kittens」はEndingに近づくほどに、Soundが洪水化してく作りが見事。

また「Push Upstairs」よりBPMを落とした「Push Downstairs」は、Downerな感覚でまとめ上げているのが心地良い。

Endingは「Batman & Robin」のSoundtrackに提供した「Moaner」。迫りくるような狂気的なSoundと、Chorusでの盛り上がりが異常なTrack。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1.Cups

 

2.Push Upstairs

 

3.Jumbo

 

4.Shudder/King of Snake

 

5.Winjer

 

6.Skym

 

7.Bruce Lee

 

8.Kittens

 

9.Push Downstairs

 

10.Something Like a Mama

 

11.Moaner

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Underworld 「Born Slippy .NUXX」

 

引き続きUnderworldの「Born Slippy .NUXX」。1996年にReleaseされ、UKで2位を記録した。90'sを代表するClub Anthemであると同時に、Underworld本家ですらこのようなTrackはもう2度と作れないと言っていい程の名曲。Clubで流れればあらゆるListenerが踊りだす、高揚感に満ち溢れたTrack。