Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The Velvet Underground

The Velvet Undergroundが1969年にReleaseした3rd Album。Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Timeに選出され、PitchforkとQ Magazineは満点の評価を点けた名盤だ。

 

The Velvet UndergroundはNY出身のBandで、1964年から1973年まで主に活動していた。MemberはLou ReedJohn Cale ・ Sterling Morrison ・ Moe TuckerがGolden Memberと言えるだろう。

初期はAndy Warholの力添えによりDebutを果たしたが、後に実験的かつ前衛的な音楽を多々生み出した。Rockの芸術性や文学性に大きな影響を残したBandで、数多くのFollowerが生まれ続けている。

唯一の問題はSalesが伸び悩んだことぐらいだろう。現在でも、Indie色やArt色の強いAlbumはSalesがイマイチな印象があるのは事実だ。

 

さてAlbumだが、John Caleが抜けてDoug Yuleが加入した最初の作品である。実験的な要素は薄れ、Folk路線の強いTrackが並んだ。

Openingは静かに「Candy Says」でStartする。Doug YuleがLead Vocalを担当し、憂いを含んだ声が非常に耳に残る。

「What Goes On 」はSingle Cut。Guitarが印象的で、前作のTrackと同様の雰囲気を併せ持つ。

「Some Kinda Love」は、後のLou ReedのSoloに通じるようなTrack。淡々と歌い上げているのが滑稽だ。

Highlightは「Pale Blue Eyes」。叙情的でもあり、悲観的にも聴こえる仕上がり。Folk路線の最高傑作と呼んでも過言ではない。DrumsでなくTambourineを使用しているのもGood。

「Jesus」はよりMinimal化し落ち着いた雰囲気だが、続く「Beginning to See the Light」ではRock的Approachが強くなっているのが面白い。

「The Murder Mystery」は8分超えのLengthがある前衛的なTrack。The Velvet UndergroundはEnding付近に長尺のTrackを持ってくるのはお決まりだ。Member全員が歌ってるのも魅力的。

Endingは個人的にお気に入りの「After Hours」。Moe TuckerがLead Vocalで、Drumsなしで作られている。多くのArtistにCoverされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1.Candy Says

 

2.What Goes On

 

3.Some Kinda Love

 

4.Pale Blue Eyes

 

5.Jesus

 

6.Beginning to See the Light

 

7.I'm Set Free

 

8.That's the Story of My Life

 

9.The Murder Mystery

 

10.After Hours

 

 

 

 

 

 

 

Dusty Springfield 「Son of a Preacher Man」

 

本日はDusty Springfieldの「Son of a Preacher Man」。Dusty SpringfieldはLondon出身のSingerで、1958年に活動をStart。1999年に59歳で永眠されてる。Track自体は1969年Releaseの「Dusty in Memphis」からのSingle Cutで、Billboardで10位 ・ UKで9位を記録。綺麗な歌声に魅了されるだろう。