Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The Notorious Byrd Brothers

The Byrdsの5th Albumで1968年にReleaseされた。各音楽誌からの評価は今でも高く、Rolling StoneやNMEなどがBest Albumsに選出している。

 

The ByrdsはL.A出身のBandで主に1964年から1973年まで活動。在籍Memberに変動が多々あったが、Roger McGuinnを中心にGene Clark ・ David Crosby ・ Michael Clarke ・ Chris HillmanがOriginal Member。Bob DylanSimon & Garfunkelなどと共に60'sのFolk Rockの主要Artistであり、1991年にRockの殿堂入りを果たしている。

音楽性としてはFolk RockをBaseにPsychedelicやCountryの要素を入れるなどして、短い活動期間ながら名盤を数多く残した。

 

さてAlbumだがDavid Crosbyが抜けて制作されたが、彼が関わったTrackも複数収録されている。またGene Clarkが一時的に復帰を果たしている。

OpeningはBrass Rockの「Artificial Energy」でStartし、Single Cutの「Goin' Back」に続く。Carole King作のPop SongをByrds風に見事にArrangeしている。「Goin' Back」が一応Highlight。

David CrosbyがSong Writingに関わった「Draft Morning」ではChris HillmanのMandolinが印象的だ。「Natural Harmony」同様Psychedelic感が強い。

そして間髪入れずに流れる「Wasn't Born to Follow」は前述したように再びCarole King作のTrack。

「Old John Robertson」ではDavid CrosbyとChris HillmanがGuitarとBassを入れ替え対応。次作に繋がるようなCountry調のTrack。

「Tribal Gathering」と「Dolphin's Smile」も再びDavid CrosbyがWriterとして参加。彼のGuitarが堪能できるTrackに仕上がっている。

全体的にSong WriterによってGenreが変わるような印象を受けたが、1枚のAlbumとしてまとまっているのが見事としか言いようがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Artificial Energy

 

2. Goin' Back

 

3. Natural Harmony

 

4. Draft Morning

 

5. Wasn't Born to Follow

 

6. Get to You

 

7. Change Is Now

 

8. Old John Robertson

 

9. Tribal Gathering

 

10. Dolphin's Smile

 

11. Space Odyssey

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Silver Apples  「Oscillations」

 

本日はSilver Applesの「Oscillations」。1968年Releaseの「Silver Apples」からのCut。Silver ApplesはNY出身のBandで1967年から1970年に主に活動。その後一時的に90'sに復活し、2006年から完全復活。

Track自体はこれぞExperimental Rockという出来栄えで、RhythmやElectronic oscillatorが非常に癖になる。