Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Parallel Lines

Blondieが1978年にReleaseした3rd Albumで、UKで1位を記録。本国よりCanadaやUKで売れた印象のある作品だ。Rolling StoneやNMEもBest Albumsに選出している名盤。

 

BlondieはNY出身のBandで1974年から1982年まで活動。その後1997年に再結成を果たし、現在も活動を続けている。

Debbie Harryを中心としたMemberで当時異常な人気を博したBandで、Debbie Harryの唇に保険がかけられた程だった。後に彼女はActorとしても頭角を現した。Bandとしては2006年にRockの殿堂入り。

音楽性はNew Waveの代表的なBandとされているが、初期はPunk Bandという扱いで括られていた。後にRapやReggaeなどに挑戦し、音楽の幅を広げたのは素晴らしいと言えるだろう。

 

さてAlbumだがMike ChapmanをProducerに迎え、前作よりPopになり聴きやすくなった印象だ。Mike Chapmanとは相性が良く、この後もTagを組むこととなる。

OpeningはSingle Cutの「Hanging on the Telephone」で、UKで5位を記録。The NervesのCoverで、Power Pop風にArrangeし爽やかに仕上げている。

続く「One Way or Another」は今ではOne Directionが有名か。こちらもCutされている。Punk的Approachも良いが、Debbie Harryの挑発的なVocalが素晴らしい。

「Picture This」もSingle Cut。こちらは割と王道のNew Wave路線。

一転陰鬱な感じの「Fade Away and Radiate」やSoundがRetrospectiveな「Pretty Baby」も良質。

可愛らしいTrackの「Sunday Girl」はUKで1位を獲得したが、HighlightはUS ・ UK共に1位を記録した「Heart of Glass」。Disco Soundが魅力的な、Bandの代表曲。また70'sを代表する名曲とも言えるだろう。

Buddy HollyのCoverが嬉しい「I'm Gonna Love You Too」は、Blondie流のPowerfulな感覚のCoverを聴くことが出来る。

最終的にEndingの「Just Go Away」までNew WaveをBaseにしながら、Popな佳曲が並ぶおもちゃ箱のような作品に仕上がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Hanging on the Telephone

 

2. One Way or Another

 

3. Picture This

 

4. Fade Away and Radiate

 

5. Pretty Baby

 

6. I Know but I Don't Know

 

7. 11:59

 

8. Will Anything Happen?

 

9. Sunday Girl

 

10. Heart of Glass

 

11. I'm Gonna Love You Too

 

12. Just Go Away

 

 

 

 

 

 

 

The Knack 「My Sharona」

 

本日はThe Knackの「My Sharona」。引き続きMike Chapman絡み。1979年Releaseの「Get the Knack」からのCutで、USで1位を記録した。

The KnackはL.A出身のBandで1978年に活動をStart。一発屋のImageが強いが、このTrackはBillboard年間1位の名誉に輝いている。OpeningのRiffが印象的なNumber。