Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Viva la Vida or Death and All His Friends

Coldplayが2008年にReleaseした4th Albumで、20ヶ国以上で1位を記録。Worldwideで1000万枚以上を売り上げ、Grammy Award for Best Rock Albumも受賞した。

 

ColdplayはLondon出身のBandで1996年に活動をStart。Band MemberはChris Martin (Vocal) ・ Jonny Buckland (Guitar) ・ Guy Berryman (Bass) ・ Will Champion (Drums)という構成。

経歴としてはUniversity College Londonの学生の頃にBandを結成し、Debut Albumから本国UKでは成功を収めた。その後もAlbumをReleaseする度に驚愕的なSalesを記録し、2000年以降UKで最も成功したBandと言えるだろう。

音楽性としては初期と現在では振り幅が非常に大きいBandで、Chris Martinの声のみが唯一不変な特徴である。初期は90's後半のUKのTrendであった内省的なSoundが印象的だが、今作ではUSでも通用するようなAlternative路線に移行し、現在ではEDMやDance Musicにまで接近した。これからも楽しみなBandの1つである。

 

さてAlbumだが、今作ではBrian EnoをProducerに迎え「生と死」をThemeにして制作された。ArtworkもThemeにちなんでいて、今までとは一線を画す。

Openingは美しいGuitar Soundが特徴の「Life in Technicolor」。あえてInstrumentalにし壮大な仕上げが素晴らしい。

「Cemeteries of London」はChris MartinのVocalに感極まること間違いなし。Chorusで一気に盛り上げてくれる。

Single Cutの「Lost!」は、別VersionでJay-ZとCollaborationを果たした。また「42」ColdplayらしいBalladeと思いきや、後半で曲調が変わる楽しいTrack。今までと違うApproachが見られる。

「Lovers in Japan / Reign of Love」はLovers in JapanがSingle Cutされた。希望に満ちたPositiveなTrackで後のBandに影響を与えたと思われる。

Hidden TrackとしてChinese Sleep Chantを挿入した「Yes」なんかはElectric Violinも飛び出す手の凝り方。

Highlightは「Viva la Vida」でUS ・ UK両Chartで初の1位を獲得。I PodのCMで初のTie-upを許した。この作品のHighlightに相応しい壮大なTrack。

少し泥臭い雰囲気の「Violet Hill」は先行Cut。これを聴いて、今までと違うと感じたListenerは少なくないはずだ。

「Strawberry Swing」は中世Europeの匂い漂うTrackで、後にFrank OceanがCover。

Endingの「Death and All His Friends」もHidden TrackのThe Escapistが隠されている。

今回BandはColdplayを聴いてるとGayと言われるのを考慮し、今までと違う作品に仕上げたと言うが。現代は少しづつ偏見が無くなってきたと思いたいのも事実である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Life in Technicolor

 

2. Cemeteries of London

 

3. Lost!

 

4. 42

 

5. Lovers in Japan / Reign of Love

 

6. Yes

 

7. Viva la Vida

 

8. Violet Hill

 

9. Strawberry Swing

 

10. Death and All His Friends

 

 

 

 

 

 

 

 

Coldplay 「A Sky Full of Stars」

 

引き続きColdplayの「A Sky Full of Stars」。2014年Releaseの「Ghost Stories」からのCutで、UKで9位に到達した。前述した様にEDMに接近し、AviciiをProducerに迎え制作された。壮大なSoundが光る感動的なTrack。PVも素晴らしい。