Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

The Kids

f:id:akira1987sasaki:20180127015801j:plain
Suchmosが2017年にReleaseした2nd Album。Billboard Japanで1位を獲得し、Gold Discに認定された。
 
Suchmosは2013年に活動をStartしたBand。MemberはYONCE (Voacl) · TAIKING (Guitar) · HSU (Bass) · OK (Drums) · DJ KCEE (DJ) · TAIHEI (Keyboard)。
元々はYONCEがOld JoeというBandで、他の3人がIvoryというBandで活動していた。3人が新たにBandを結成する際に、YONCEに声をかけたのがSuchmosのStartとなった。Debutしてからは順調なCareerを積んでいて、Fuji Rock出演やApple Music Best of 2015のBest New Artistに選出されている。日本独自のくだらないAwardsなどでなく、ちゃんとした評価を受けている数少ないBandだ。
音楽性は洋楽からの影響も色濃く、Jazzなどを皮切りにBlack Music全般とRockからが強い。またLyricに関して言えば、彼等なりの言葉を持っており洋楽の丸写しになってないのが魅力。
 
 さてAlbumだが、前作よりRock的なApproachが強くなっている。いい意味でSuchmos独自のMainstreamに乗った形だ。
Openingは前述した通り、Rock色強めの「A.G.I.T.」。気怠いVocalとAlternativeなSoundが絶妙にMatchする。
Highlightは「STAY TUNE」。より厚みを増したSoundが最高のGrooveを生み出した。Lyricも上質で、PVもGood。
「PINKVIBES」はSoftな感触のAcid Jazz。このGrooveを、日本のBandで出せるのは一握りだろう。
 軽めのGrooveが好感触な「TOBACCO」は、反するようなLyricとの対比が面白い。
 PsychedelicなSoundが散りばめられた「SNOOZE」は、Chrousで一気に盛り上げてくれる。
Hip Hop的なApproachとGuitar Soundが交差する「DUMBO」の構成はお見事。
彼等のお気に入りの「INTERLUDE S.G.S.4」を挟んで、爽やかなSummer Tune「MINT」に突入。
「SEAWEED」は彼等のRootsとなるSoundが入り乱れているが、Chrousで上品にまとめてくれる。
EndingはMellowな「BODY」。安定感満載でThe End。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

THE KIDS

THE KIDS

 

Track listing

 

1. A.G.I.T.

 

2. STAY TUNE

 

3. PINKVIBES

 

4. TOBACCO

 

5. SNOOZE

 

6. DUMBO

 

7. INTERLUDE S.G.S.4

 

8. MINT

 

9. SEAWEED

 

10. ARE WE ALONE

 

11. BODY

 

 

Tofubeats 「水星」

 

2013年にReleaseされたSingleで、ジワジワと注目を集め話題を呼んだ。Remixも多く制作されたが、OriginalはTofubeatsのMelody Senseが爆発している。