Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

A Weekend in the City

f:id:akira1987sasaki:20180127024732j:plain
Bloc Partyが2007年にReleaseした2nd Album。UKで2位を獲得し、Billboardでも12位まで上昇した。
 
Bloc PartyはLondon出身のBandで1999年に活動をStart。現MemberはKele Okereke (Vocal) · Russell Lissack (Guitar) · Justin Harris (Bass) · 
Louise Bartle (Drums)という構成。活動休止を経て今の布陣となった。
音楽性はPost Punk Revivalとされるが、Dance Musicからの影響も強い。2000年以降ならではの音を鳴らす。
 
Albumは前作よりTrackのメリハリがついて、静と動の使い分けが見事。ProducerはU2Snow Patrolでお馴染みのJacknife Lee。
 Openingは静寂から衝動的なSoundに展開する「Song for Clay (Disappear Here)」。間髪入れずに、続くはSingle Cutの「Hunting for Witches」。UKで22位を記録。Electronicaのような冒頭から、RobotのようなRhythm・CatchyなGuitar Riffどれを取っても一級品である。進むにつれ、重厚になるSoundにも注目。
「Waiting for the 7:18」はOpeningの冬景色のような美しいSoundから、Endingに向かうにつれSoundが爆発していくような変化を楽しめる。
UKで4位を記録した「The Prayer」は、Busta Rhymesの「Touch It」から影響。Kele OkerekeのVocalは一貫してSeriousだが。
 「Uniform」では、転調後にDance色の強いSoundに展開。後半のGuitar Soloまで飛びまくり。
Kele OkerekeのVocalが際立った「On」や、Post Punk全開の「Where Is Home?」なども良質。
Highlightは「I Still Remember」。UKで20位を記録。情緒的なSoundが素晴らしいが、何と言ってもChorusの最後のI still Rememberには痺れる。回想をBaseにしたLyricもGood。
 Endingは安堵感が凄い「SRXT」。OasisのLiam Gallagherが泣いたのも頷ける出来栄え。
 
  
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

Track listing

 

1. Song for Clay (Disappear Here)

 

2. Hunting for Witches

 

3. Waiting for the 7:18

 

4. The Prayer

 

5. Uniform

 

6. On

 

7. Where Is Home?

 

8. Kreuzberg

 

9. I Still Remember

 

10. Sunday

 

11. SRXT

 

 

 

Franz Ferdinand「Ulysses」

 

 2009年Releaseの3rd Album「Tonight」からのSingle。UKで20位を獲得。当時のTrendからか、Electroを大胆に注入。