Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Echoes, Silence, Patience & Grace

f:id:akira1987sasaki:20180129201449j:plain
Foo Fightersが2007年にReleaseした6th Album。USで3位·UKで1位を獲得した。
 
Albumは前作の影響もあってか、HardとAcousticの使い分けがより上達した印象を受ける。
OpeningにしてHighlightは「The Pretender」。Hard Rockという枠組みの中で、ここまでHeavyなTrackがあっただろうか?Single CutされBillboardで37位 · UKで8位を記録。Grammy Award for Best Hard Rock Performanceも受賞。
「Let It Die」は中盤から激しさを増し、LastはShoutして終わる粋な仕上がり。この手法は「Come Alive」や「But, Honestly」でも使われてる。こちらもSingle Cut。
PVの影響もあってか、「Long Road to Ruin」はBeatlesのような雰囲気を感じずにはいられない。今までには無かったUK寄りの仕上がり。Single Cutされている。
「Cheer Up, Boys (Your Make Up Is Running)」もSingle Cut。お馴染みのPowerfulなRockを響かせる。
Instの「Ballad of the Beaconsfield Miners」を挟み、「Statues」では普遍的なRockを聞かせてくれる。
EndingはDaveのPianoが印象的なBallad「Home」。
結果Foo Fightersの代表作にはなりえないが、「The Pretender」という代表曲が収録された佳作であることは間違いない。
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

Track listing  

 

1. The Pretender

 

2. Let It Die

 

3. Erase/Replace

 

4. Long Road to Ruin

 

5. Come Alive

 

6. Stranger Things Have Happened

 

7. Cheer Up, Boys (Your Make Up Is Running)

 

8. Summer's End

 

9. Ballad of the Beaconsfield Miners

 

10. Statues

 

11. But, Honestly

 

12. Home

 

 

 

Finger Eleven 「Paralyzer」

 

2007年Releaseされた「Them vs. You vs. Me」からのSingle。Billboardで6位を獲得。一発屋になってしまったことは否めないが、Rockの中ではCanadaからだと久々のSmash Hit。