Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Strange House

f:id:akira1987sasaki:20180202221020j:plain
The Horrorsが2007年にReleaseしたDebut Album。Artworkにも見られるように、Fashionから注目を集めた。
 
The HorrorsはUK出身のBandで2005年に活動をStart。MemberはFaris Badwan (Vocal) · Tom Cowan (Synthesizer) · Joshua Hayward (Guitar) · Joe Spurgeon (Drums) · Rhys Webb (Bass)という構成。
音楽性はAlbumごとに違いがあるが、PsychedelicやShoegazingに傾倒している時期が長かった印象だ。
 
このDebut AlbumはGothic RockやGarageを中心に配置し、初期衝動の強い作品に仕上がっている。
Openingの「Jack the Ripper 」は急にSpeedを上げる感覚と、ヘロヘロのVocalでShoutする様が異様なTrack。一応Coverだ。
 「Count in Fives」はCatchyなGuitarやPunkのようなVocalがGood。Single Cutされている。「Count in Fives」と同様に、「Draw Japan」は切迫感があるTrack。Albumを通して言えることだが、基本的にBPMは早い。
 Chorus以外は呪文のようなVocalの「Excellent Choice」や、もはやTripしてるとしか思えない「Little Victories」など完全にやり切ってるのはお見事。
 HighlightはDebut Singleの「Sheena Is a Parasite」。RamonesへのHommage全開だが、Chorusの縦ノリ感は本家を超えたように思える。Garage Punkの中でも最高峰の出来栄えだ。
 「Thunderclaps」では、80'sに劣らないLevelのGothic Rockを聴かせてくれる。
Instの「Gil Sleeping」を挟み、徐々にNoisyになっていく「A Train Roars」でThe End。UK Editionには、「Death at the Chapel」がLastに収録されている。
GothicやHorrorというImageを極限まで表現することに成功した良質なAlbumだ。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

Track listing 

 

1. Jack the Ripper

 

2. Count in Fives

 

3. Draw Japan

 

4. Gloves

 

5. Excellent Choice

 

6. Little Victories

 

7. She Is the New Thing

 

8. Sheena Is a Parasite

 

9. Thunderclaps

 

10. Gil Sleeping

 

11. A Train Roars

 

 

Gossip 「Standing in the Way of Control」

 

2007年にReleaseした「Standing in the Way of Control」収録のSingle。GossipはWashington出身だが、UKで7位を獲得した。Indie RockとDance RockのBalanceがGreatだが、VocalのBeth DittoのWeightもGreat。