Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Pop

f:id:akira1987sasaki:20180213231404p:plain
U2が1997年にReleaseした9th Album。Worldwideで700万枚以上売り上げ、主要Chart全てで1位を記録。
 
 Albumは、TechnoなどのDance Musicの影響下にあった90'sの最後の作品。Brian Inoは今作には参加していない。
OpeningにしてHighlightは「Discothèque」。UKで1位・USで10位を記録。TechnoとRockを見事にFusionしたTrackで、非常にCatchyなのも好印象。
「Mofo」まではDance色全開だが、U2のTrackとして成立しているのは流石としか言いようがない。特に「Mofo」のBreakbeatはやり過ぎなぐらいだ。
「If God Will Send His Angels」から音楽性がPopからSeriousに変化する。「If God Will Send His Angels」は「City of Angels」のSoundtrackにも収録。UKで12位まで上昇。
「Staring at the Sun 」は何かを諦めてしまったような印象を受けるTrack。Guitar Riffから、負の要素がひしひしと伝わってくる。UKで3位。
Last Night on Earth」と「Gone」は適度な疾走感が魅力的だ。「Last Night on Earth 」はUKで10位。
「Miami」は混沌としたSoundと、崩壊したようなBonoのVocalが少し後味の悪いTrack。
個人的にお気に入りは「If You Wear That Velvet Dress」。非常に重苦しいTrackだが、ここまで徹底してくれると安心感が上回る。
「Please」もSingle CutでUKで7位を記録。しかし、Single Hitの数だけなら「Achtung Baby」に次ぐ作品になったのでは?
Endingは死者を起こせと歌う「Wake Up Dead Man」。察することが出来るかもしれないが、U2というBandの苦悩がもろに出た作品である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

Pop

Pop

  • U2
  • ロック
  • ¥2100

Track listing

 

1. Discothèque

 

2. Do You Feel Loved

 

3. Mofo

 

4. If God Will Send His Angels

 

5. Staring at the Sun

 

6. Last Night on Earth 

 

7. Gone

 

8. Miami

 

9. The Playboy Mansion

 

10. If You Wear That Velvet Dress

 

11. Please

 

12. Wake Up Dead Man

 

 

「The Miracle (Of Joey Ramone)」

 

 2014年Releaseの「Songs of Innocence」からのSingle。Joey Ramoneに捧げられたTrackで、RamonesへのRespectをいつか音楽で表現したいとBonoは思っていたんだろう。