Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Dig Me Out

f:id:akira1987sasaki:20180218230115j:plain
Sleater-Kinneyが1997年にReleaseした3rd Album。Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Timeに選出されている。
 
Sleater-KinneyはWashington出身のBandで1994年に活動をStart。2006年に活動休止、2014年再始動している。MemberはCorin Tucker・Carrie Brownstein・Janet Weiss。御覧の通り、Girl's Bandの3人組という珍しい構成。
音楽性はIndie RockやPunk Rockに分類されるが、Bass不在が最大の特徴。ReleaseされるAlbumは、常に高評価を得る技巧派Band。
 
 Albumは前作同様にJohn GoodmansonをProducerに迎え、Lengthの短いPunk Rockが並ぶ。
OpeningはTitle Song「Dig Me Out」。IndieとPunkのBlendが絶妙なTrack。
HighlightはSingle Cutの「One More Hour」。Indie感満載のGuitar Riffが高い中毒性を生んだ。
「Turn It On」もRiffが印象的。こちらはPowerfulに仕上げている。
勢いのある「The Drama You've Been Craving」や、Heavyな「Heart Factory」も良質。
「Words and Guitar」はPunkなVocalが冴えるTrack。
Lengthの短い「It's Enough」は、AggressiveなGuitarが主張しまくり。
Single Cutの「Little Babies」は、QuiteなChrousでGirls Bandらしさを見事に表現している。
「Not What You Want」は2000's以降にも通じるSoundで、後進のBandにも影響を与えただろう。
「Dance Song '97」はあえての80'sぽいSoundがGood。New Waveを彷彿とさせる。
Endingは「Jenny」。Alternativeな感触で、混沌とした雰囲気でThe End。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

Track listing

 

1. Dig Me Out

 

2. One More Hour

 

3. Turn It On

 

4. The Drama You've Been Craving

 

5. Heart Factory

 

6. Words and Guitar

 

7. It's Enough

 

8. Little Babies

 

9. Not What You Want

 

10. Buy Her Candy

 

11. Things You Say

 

12. Dance Song '97

 

13. Jenny

 

 

 

The Promise Ring 「Is This Thing On?」

 

 1997年Releaseの「Nothing Feels Good」に収録。Bandは1995年に結成し、解散と再結成を繰り返している。出身はMilwaukee。

Trackは正に初期のEmoに当たるが、Power Popに近い雰囲気。適度な疾走感とPopさが耳に馴染みやすい。