Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Music for the Masses

f:id:akira1987sasaki:20180308190522p:plain

 Depeche Modeが1987年にReleaseした6th Album。UKで10位 · Spainで1位を記録した。

 

Depeche ModeはUK出身のBandで1980年に活動をStart。割と初期から成功を収め、今ではEuropeで揺るぎない地位を確保した。その一方でBand MemberにはTroubleがつきまとっていた印象が強い。現MemberはDave Gahan · Martin Gore · Andrew Fletcherの3人。

音楽性は、Synth Pop · New Wave · Electronic Rock辺りのGenreをDarkにCoating。独自の音楽性がCoreなFunを増やし続けている。

 

AlbumはProducerにDavid Bascombeを招き、Electronicを初めて導入した。

Openingは作中最もStandardな「Never Let Me Down Again」。AlbumのIntroductionに適したTrackで、UKで22位を記録。

「The Things You Said」は、静寂の中にも美しいElectronic Soundが強調されているのがGood。

Highlightは「Strangelove」で、UKで16位を獲得。HeavyなSoundが特徴的で、Effectの掛けられたVocalのPartの一体感は凄まじい。

 恐怖感を煽るようなSoundの「Little 15」も良いが、ThrillingなRiffを確立した「Behind the Wheel」が素晴らしい。UKで21位を記録。

Dave Gahanの美しいVocalが誇張された「I Want You Now」や、MelodyよりRhythmを強調した「Nothing」など佳曲が続く。

Endingは壮大なInstrumental Track「Pimpf」。Lastに相応しく、Classicalな雰囲気漂う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Never Let Me Down Again

 

2. The Things You Said

 

3. Strangelove

 

4. Sacred

 

5. Little 15

 

6. Behind the Wheel

 

7. I Want You Now

 

8. To Have and to Hold

 

9. Nothing

 

10. Pimpf 

 

 

 

Frankie Goes to Hollywood 「Relax」

 

 1984年Releaseの「Welcome to the Pleasuredome」に収録されたSingleで、UKにて1位を記録した。

 Frankie Goes to HollywoodはLiverpool出身のBandで、主に1980年から1987年まで活動。

Track自体はPopなNew Waveで、過激なSM描写がTopicとなった。今でもMediaに露出の多い、SensationalなTrack。