Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Document

f:id:akira1987sasaki:20180225230340j:plain

R.E.M.が1987年Releaseした5th Album。80's最高位の10位を獲得し、Major移籍への足掛かりとなった作品だ。

 

AlbumはScott LittとBandによるProduce。Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Timeに選出されている。

 OpeningからSingle Cutの「Finest Worksong」。Soundに厚みを持たしたPowerfulなTrackで、Listenerに高揚感をもたらしてくれるだろう。

「Welcome to the Occupation」は初期を彷彿とさせるTrackで安定感抜群。

 Oldiesと80'sを錯綜する様な「Exhuming McCarthy」と、NostalgicなRiffを奏でる「Disturbance at the Heron House」は個人的にお気に入り。

 WireのCoverに当たる「Strange」では、Michael StipeのVocalにも注目。

HighlightはSingle Cutの「It's the End of the World as We Know It (And I Feel Fine)」。疾走感溢れるSoundに、Punk? or Rap? なVocalを乗せた唯一無二のTrack。

 SeriousなSoundの「The One I Love」は、R.E.M.なりのBallad。Single Cutされ、Billboardで9位を記録。

「Fireplace」ではHornsとSynthesizerを、「King of Birds」ではDulcimerを効果的に使用している。

「King of Comedy」への布石か?と思える程のDance Tune「Lightnin' Hopkins」はVocalistとしての表現力の高さが伺える。

Endingは「Oddfellows Local 151」で、R.E.M.にしてはHeavyなSoundで幕を閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Track listing

 

1. Finest Worksong

 

2. Welcome to the Occupation

 

3. Exhuming McCarthy

 

4. Disturbance at the Heron House

 

5. Strange

 

6. It's the End of the World as We Know It (And I Feel Fine)

 

7. The One I Love

 

8. Fireplace

 

9. Lightnin' Hopkins

 

10. King of Birds

 

11. Oddfellows Local 151

 

 

 

「The One I Love」

 

引き続きR.E.M.。内容は前述の通りで、Top 10にInした数少ないSingleの1つ。