Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me

f:id:akira1987sasaki:20180310144603j:plain

 The Cureが1987年にReleaseした7th Album。UKで6位を記録し、Pitchforkなどから高評価を得た。

 

The CureはUK出身のBandで1976年に活動をStart。現MemberはRobert Smithを中心とする5人で構成。Cult的人気を誇る一方で、徐々にMainstreamの進出に成功したBandだ。

音楽性は一言で言うなら躁鬱病。鬱の時はGothicに磨きがかかり、躁の時はPop Senseが開花する。Gothic Rockを代表するBandであり、高い影響力を保持している。

 

Albumは前述した通り、躁鬱の効果が活きたTrackが目立つ。Producerは前作に引き続きDavid M. Allen。

Openingは大半がInstrumentalな「The Kiss」でStartし、続く「Catch」ではたっぷりの安堵感を提供してくれる。こちらはSingle Cut。

情熱的なUpper Tune「Torture」や、GothicなDowner Tune「If Only Tonight We Could Sleep」などThe CureらしいTrackが続く。

 Single Cutの「Why Can't I Be You?」 は遅れてきたNew Wave?完全に躁状態

「How Beautiful You Are」は疾走感と美しい旋律が共存するTrack。

 Saxophoneまで飛び出すSo Highな「Hey You!!!」から、Highlightの「Just Like Heaven 」に突入。Bandを代表するTrackで当然Singe Cut。Pop Senseが爆発し過ぎて、もはや超絶楽観な仕上がり。

 Single CutされたFunk Tasteな「Hot Hot Hot!!! 」や、煌びやかなSoundにRobert Smithの美しいVocalが映える「One More Time」などVariety豊富なTrackが続く。

「Icing Sugar」はSaxophoneが再び登場。SaxophoneにLeadされるようにTrackは進んで行く。

Pop Senseが開花し過ぎた「The Perfect Girl」と、CoolなRock Tune「Shiver and Shake」は個人的にお気に入りだ。

EndingはGothicに回帰した「Fight」。結果全体的に躁状態のTrackが多いが、The Cureの魅力を知り得るには十分の作品に仕上がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Track listing

 

1. The Kiss

 

2. Catch

 

3. Torture

 

4. If Only Tonight We Could Sleep

 

5. Why Can't I Be You?

 

6. How Beautiful You Are

 

7. The Snakepit

 

8. Hey You!!!

 

9. Just Like Heaven

 

10. All I Want

 

11. Hot Hot Hot!!!

 

12. One More Time

 

13. Like Cockatoos

 

14. Icing Sugar

 

15. The Perfect Girl

 

16. A Thousand Hours

 

17. Shiver and Shake

 

18. Fight

 

 

 

「Boys Don't Cry 」

 

 1980年ReleaseのCompilation「Boys Don't Cry」収録のSingle。軽めのSoundと適度な疾走感が魅力だが、何よりも初期にしてこのPop Senseはお見事。