Music History

Music History

All Music You Must Hear Before You Die

Talking Heads: 77

f:id:akira1987sasaki:20180314230636j:plain

Talking Headsの記念すべきDebut Album。 各音楽誌から好評価を得た作品だ。

 

AlbumはTony BongioviのProduceにより制作。Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Timeに選出されている。

OpeningはSingle Cutの「Uh-Oh, Love Comes to Town」。お花畑のようにFancyなTrack。

中毒性の高い「New Feeling」は、StrangeなGuitar Riffが印象的。

行進曲のようなChrousの「Tentative Decisions」や、TitleをRepeatする「Happy Day」など独創的なTrackが続く。

今度は短いLengthながらアクの強い「Who Is It?」から、作中最も長いLengthの「No Compassion」へなだれ込む。Punk Tuneに転調する度にゾクゾクさせられるだろう。

「Don't Worry About the Government」は、まるでMusicalのようにDramaticな仕上がり。

HighlightはSingle Cutの「Psycho Killer」。Bass Riffが印象的なNew Wave寄りのTrack。LastはAggressiveに展開する。

EndingはSingle Cutの「Pulled Up」で、こちらはUpperなDance Tune。

まるでDavid Byrneが1人11役こなしたようなVariety豊富なDebut Albumと言えるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Track listing

 

1. Uh-Oh, Love Comes to Town

 

2. New Feeling

 

3. Tentative Decisions

 

4. Happy Day

 

5. Who Is It?

 

6. No Compassion

 

7. The Book I Read

 

8. Don't Worry About the Government

 

9. First Week/Last Week… Carefree

 

10. Psycho Killer

 

11. Pulled Up

 

 

 

The Ramones 「Pinhead」

 

 1977年Releaseの「Leave Home」に収録。正にUS Punkの王道。完璧。